スーパーフード・「藍」のバランス良い栄養効果が期待できる
「藍の青汁」は、「藍」を使った珍しい青汁。藍を使った青汁としては日本初です。藍は、ケールや明日葉と比べても食物繊維が非常に豊富!便秘原因の一つ、食物繊維不足解消が大いに期待できます。また、不足しがちな鉄分や亜鉛などのミネラルも豊富。藍には、ケールの3倍の鉄分、6倍の亜鉛が含まれることも分かっているほどです。

抗酸化作用(アンチエンジング)に高い効果が有る健康成分・ポリフェノールも非常に豊富で、ブルーベリーの4倍以上の含有量を誇ります。製造会社の研究によると、藍からは新しいポリフェノール成分が発見され、研究が続けられているとか。

つまり、藍は健康維持に欠かせないスーパーフード。「藍の青汁」では、その有効成分を存分に摂取できます。
大麦若葉・熊笹・桑の葉・乳糖果糖オリゴ糖もバランスよく配合されている
藍に加え、国産の有機大麦若葉(食物繊維に加え、ビタミンやミネラルが豊富)、熊笹や桑の葉(ビタミンやミネラル、野菜としての栄養価が高い)、乳糖果糖・オリゴ糖(腸内環境を整え、便秘解消の効果も)を贅沢に配合。体の内側から綺麗になるための青汁です。

また、オリゴ糖が入っているので、腸内環境調整に効果が有るだけでなく、ほのかな甘味で飲みやすく仕上がっています。
安心・安全にこだわった品質管理が徹底されている
健康のために飲む青汁ですから、品質管理も徹底されています。藍や大麦若葉は国産。製造は、設備規模、技術レベルが非常に高い国内の製造工場と契約して、加工から充填までを一貫して行っています。この工場は「安全」「一定の品質」が保たれている証拠である「GMP適合認定」を取得しており、品質にはかなりこだわっています。

添加物としては、トレハロースが使われています。ただ、トレハロースは海藻やきのこ類に含まれている安全性の高い天然甘味料ですから、心配することはなさそうです。

藍の青汁は、その名の通り「藍」を使った珍しい青汁だワン。国産の藍には、新成分「純藍ポリフェノール」が含まれていて、アンチエイジング効果が期待できる。青汁によく使われるケールや明日葉と比べても、食物繊維が多く、鉄分や亜鉛などのミネラルは2〜5倍以上含まれている、スーパー素材なんだワン!さらに、桑の葉、大麦若葉も配合されていて、栄養価はかなり高いといえる。さらに、飲みやすさをプラスするために、乳糖果糖オリゴ糖もプラスされている。オリゴ糖は腸内環境を整える働きもあるから、一石二鳥だね。

また、グループ会社と連携して企画・研究を行っていたり、GMP認定を受けた国内工場にて製造したりと安全態勢もバッチリ。安心して口にできる青汁だワン。

ただ、青汁を決める上で重要なのは「味」。早速、ワンコ先生も試してみたよ。まず、最初に気になったのは、粉末の中に白いつぶつぶが見えることだワン。これが「オリゴ糖」かな?サラサラとした粉末は、水にすぐ溶ける。でも、ちょっと口当たりがザラッとして、あまり良くない。肝心の味は…やや青臭さが強いというのが正直な感想だワン。大麦若葉が主原料だから、“藍”の風味らしきものはあまり感じないけれど、大麦若葉の青汁にはない、ケールのような青臭さやエグみが気になるかな。これが藍の特徴かもしれないね。でも、オリゴ糖のおかげでほんのり甘く、苦味はないワン。口に残る甘さだから、甘い飲み物が苦手な人には辛いかもしれない。口コミでも、この甘さと青臭さには賛否両論。ワンコ先生の本音としては、もう少し甘くないほうがスッキリ飲めるかな。

お値段を見てみよう。通常、1箱30包入で税別3,300円。1包あたりのお値段は、平均的だワン。まとめ買いをするともっとお得になる計算だよ。ただ、1日の摂取量は1~3袋が推奨されているから、多めに飲みたい人にとってはコストがかさむかもしれない。お財布と相談しつつ、継続を検討してくださいワン!

  一言コメント
総合評価 栄養バランスがよく、整腸効果が期待できる優秀な「藍」を使った日本初の青汁
美味しさ 抹茶・緑茶を飲んでいるよう。青臭い香りはするが、問題ない程度
栄養価 スーパーフード「藍」を中心に、バランスよく栄養が摂取できる
安心感 国産の原料・徹底した品質管理で高評価
青汁感 やや大麦若葉の香りがあり。ただ、味としては青汁感は薄い
コスパ 平均的。定期購入やまとめ買いでお得に購入できる
  • 口コミ
  • 体験レポート
  • 基本情報

藍の青汁の口コミ

藍の青汁の口コミ

<45歳 男性>

藍の栄養価に魅かれて。

藍という植物そのものを聞くのがはじめてだったのですが、一般的に青汁に使われている明日葉やケールなどより食物繊維も多いようです。
栄養価が高いのが気に入って購入しました。まずかったらどうしよう・・・と不安もあったのですが、それは杞憂に終わりました。
大麦若葉とオリゴ糖が配合されているので、とても飲みやすい味!これなら続けることに無理はありません。おまけで付いていたシェーカーが毎日いい仕事をしてくれています。
40歳を過ぎた頃から便秘に悩まされていたのですが、それも解消できました。これはホントにお勧めです!!

<22歳 女性>

甘めの抹茶風味でお気に入り。

青汁=まずい、なんて昔の話と思っていたのですが、これまで試した青汁って飲みにくいものばかりでした。
甘くするためにいろいろと試してみたのですが、続けるのはちょっと難しいという結論に。
それでも、半ばやけになっていた青汁探しも「藍の青汁」で終わりとなりました!!これって、すごく私好みの味です。
水も100㏄くらいでいいですし、氷を入れると、甘いお茶になります。どこかで飲んだことがある味に似ているのですが・・・。
甘さもオリゴ糖を使っているので身体にも安心で便秘も解消。名前が気になって選んだのですが、大正解でした。

<30歳 女性>

ケール青汁からの乗り換えです。

ケール青汁で便秘の解消!と意気込んでたのですが、私の頑固な便秘には効果なし。ついでに味もちょっと・・・苦手。
勿体ないから1箱は飲み切りましたが、かなり苦痛でした。そんなときに見つけた一風変わった青汁がこれです。
藍という植物は知りませんが、どうやらケールよりも栄養価も高くておいしいらしい。すぐに飛びつきました。
飛びついて正解!今では便秘もかなり解消されて週1~2回しかお通じがなかったのに、2日に1回はあります。

<50歳 女性>

お気に入りの青汁。

青汁マニア?なので、既に10種類以上は試しています。この青汁は栄養価の高い藍を使っています。成分面ではかなり優秀ですが、オリゴ糖の甘さが好き嫌いを分けますね。
私はこの甘さがちょっと苦手なのですが、主人は気に入ったようです。季節の変わり目の体調不良もなくなり、今では主人の毎朝の日課となっています。
甘口の人には合っていると思います。少量の水で飲める点もいいですね。ちなみに私は他のメーカーの青汁を飲んでいます。

<51歳 男性>

夏でも冬でもいけそう。

青汁というと冷たくして飲むと飲みやすいイメージがあると思いますが、この青汁は冷たくしても熱くしても飲めるタイプの青汁なので年間を通じておいしく飲めます。
牛乳や豆乳との相性も良かったです。飲みやすい上に、配合されている成分を見ても他の青汁よりも格段に素晴らしい。その上、定期購入で初回半額!これを試さないのは勿体ないですよね。
思ったとおりの青汁にやっと出会えたという感じで、今では生活の一部になっています。病気の予防とむくみ解消のために飲んでいます。

<48歳 女性>

運命の出会い。

テレビで観たことがきっかけで藍の青汁と出会いました。藍というものの存在も知りませんでしたし、どうやらすごく食物繊維が多くて痩せられるというので早速試してみることに。
サプリメントのようなものは苦手で痩せるのであれば、食品のようなものが良いと思っていました。極度の便秘に悩まされていて、すでにあらゆる方法は実践経験あり。
実は、ケールの青汁も飲んだことがありました。
そのときもそこまで効果は感じなかったのですが、藍はケールよりも数倍の食物繊維が入っているらしいですね。
これは何だか良さそうな予感がしたんです!予感的中でかなり宿便が出た上に、便秘も8割くらい解消されています。
ここまで便秘解消効果があったものははじめてです。

<27歳 女性>

便秘が解消されて健康に。

便秘が治ればアレルギーも良くなると聞き、青汁をいくつか試してきました。効果がある青汁もあったのですが、そういうものに限ってとてつもなく飲みにくいので、毎日がゆううつに。
その上、今日はお休みしよう!とずる休みをすることも多くなり、再び便秘に。何か良い青汁がないかと探していたときに見つけたのが、この青汁です。
飲んだ人が飲みやすいことと、食物繊維が多くて腸内環境を良くするという口コミが多くて決めました。まさにその通り!今の私は便秘がうそみたいにお腹すっきりです。
アレルギー体質の改善も長い期間をかけて実現するぞ~。

<55歳 男性>

個性的な青汁。

青汁歴はかなり長く、あらゆる種類のものを試しています。最近では一風変わった青汁を飲むのが自分の中で流行していて、藍の青汁はその一環で試してみた次第です。
他にも個性的な青汁はありますが、そちらは味が結構きつかったということで、変わり種青汁の中では藍の青汁が最高です。
栄養的な面、価格面、味とすべてにおいて満足。個性的なので好みがわかれるかもしれませんが、私は好きですね。
お腹の調子が良過ぎて1日2回出ることもあります。

藍の青汁の体験レポート~実際に飲んでみました~

藍の青汁の体験レポート

青汁にしては少し変わった名前の「藍の靑汁」。藍は「藍染」の藍のようです。藍って食用にもなるんですね。
しかも藍の葉には純藍ポリフェノールという成分を含まれ、他にも食物繊維、鉄分、亜鉛、ミネラルを含んだ古来から伝わる薬膳野菜である事がわかりました。染物だけに使われていると思っていましたが、こんなにも栄養豊富なスーパーフードなんですね!

購入し、届いた荷物を開けると「藍の靑汁」と商品説明のチラシなどが入っていました。
他社にもイラストを使ったチラシはたくさんありますが、「純藍 誕生物語」と銘打ったコミック仕立てのパンフレットはなかなか楽しいものです。代表取締役河越誠剛氏が、自身の経験から藍の青汁開発に至った経由が、とても良く理解できました。「藍」の効果への確信や、それを広めたいという気持ちが伝わってきます。
同梱の「藍さんさん通信」は原材料となる「藍」の具体的な情報と共に、ユーザーの声など毎月新鮮な話題を発信するミニ新聞。「藍の伝道師」からのメッセージが、同社の健康へのこだわりを熱く語っています。

チラシの中に「藍には身体を強くして菌を追い出す力がある」と書かれていましたが、それほどのスーパーフード「藍」が入った青汁を私は今まで見たことがありません。大抵は「ケール」か「大麦若葉」が種ですよね。
「なんでだろう?実はすごく飲みにくかったりして」とドキドキしながら1包開けてみると、抹茶色の粉末の中に小さな白い粒が混ざっています。水に溶かして一口飲んでみると、ほんの少し甘いお茶を飲んでいるような感じ。青臭さ、苦み、えぐみ、粉っぽさは一切ありません。
「藍の靑汁」は最初からオリゴ糖が入っているからなのか、ほんのりと自然の甘みに近い美味しさがあり、わざわざ別の甘味料を入れる必要はありません。
また、水に溶けやすいのでコップの底に溶け残った粉末が沈殿するようなこともなく、最後まで美味しくいただける本当に飲みやすい青汁です。

冷たい牛乳に入れてもダマにならず、すんなりと溶けてなじみます。とてもきれいなミルキーグリーンで、美味しそうですね。味はまったくの抹茶ミルクといって良いでしょう。野菜のような青臭さも感じず、そう言われても「青汁」とは思えないほどです。飲んだ後に、かすかな苦味と粉っぽさが残るのは、藍の成分かもしれません。それでもよほど吟味して飲まなければ、気がつかない程度。口の中がすぐにさっぱりとします。市販の抹茶ミルクが甘すぎると感じる人ならば、こちらの方が気に入るかもしれませんね。

値段は通常販売価格3,300円(税込3,564円)3g×30包入りですが、毎月お届けコースにすると3,000円を切る値段で購入できます。
健康食品は値段が高いイメージがあったのでこの価格は嬉しいですね。
いつでもプラン変更・解約可能と書いてあるので、毎月お届けコースを頼んだけど体に合わないのでやめたいって時も安心です。

藍の青汁の基本情報

藍の青汁の基本情報

名称 藍の青汁 内容量 3.5g×30包
主原料 有機大麦若葉、桑の葉、クマザサ、藍 主原料産地 日本
形状 粉末 包装タイプ スティックタイプ
一日量の目安 1~3包
原材料名 有機大麦若葉(国産)、乳糖果糖オリゴ糖、桑の葉粉末(国産)、クマザサ粉末(国産)、藍抽出物(還元麦芽糖、藍(国産))、トレハロース
保存方法、お召し上がり方 1袋につき100mlの水やお湯などの溶かしてお召し上がりください。高温多湿及び直射日光を避け冷暗所で保存してください。
栄養成分表示 スティック1本あたり
エネルギー:11.9kcal・たんぱく質:0.4g・脂質:0.1g・炭水化物:2.7g(糖質:2.0g・食物繊維:0.7g)・食塩相当量:0.002g・オリゴ糖:0.55g

ご購入プラン 価格 送料
通常価格(30包入り) 3,300円(税別) 216円
定期購入(30包入り)1箱 10% off 2,970円(税別) 無料
定期購入(30包入り)2箱 15% off 2,805円(税別) 無料
定期購入(30包入り)3箱 20% off 640円(税別) 無料

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?