青汁は自然の中で育った野菜から作られた健康食品の1つです。
そのため、害虫や病気から野菜を守るために、どうしても農薬を使っているものが大半ですよね。
そこで気になってくるのが、残留農薬の問題です。

では、青汁には残留農薬の危険性はないのでしょうか?
また、どのように残留農薬の検査が行われているのか、という点にも注目しておきたいところですね。

残留農薬の検査の必要性

野菜などを育てるために一般的によく用いられている農薬ですが、実は毒性もあり、決して安全性の高いものとは言い切れません。
法律により、農薬の使用にも制限がかけられています。
使用回数や時期、種類などの制限があることにより、できるだけ安全で、安心して口にできる作物を作ろうという努力はされていますが、やはりそれでも、残留農薬に関する不安は拭いきれませんよね。

残留農薬というのは、つまり育てた作物が販売される際に、まだ、その野菜に付着したままになっている農薬のことを指します。
これは少し口に入ったからといって、すぐに体に悪影響を及ぼすようなものではありませんが、長期にわたり摂取し続けると、何かしらの不調の原因になる可能性はゼロではありません。

青汁は長い目で見て、じっくり摂取していきたい健康食品なので、このような残留農薬の問題も、できるだけないものを選びたいですね。

残留農薬の検査とは?

残留農薬の検査とは、具体的にどのようなことが行われているのかというと、例えばガスを使用して成分を分離させたり、GC/MS法と言われる方法で多種類の農薬を一斉分析する方法などが用いられています。
それから、高速液体クロマトグラフィーという液体を使った分離の方法もありますね。

これらの検査方法では、ほんの少しの量の農薬でも検出することができるため、残留農薬をしっかり確認することが可能です。
青汁を選ぶ際には、これらの検査を徹底し、また検査結果を公開してあるものを選ぶと安心ですね。

原料にこだわた青汁を選ぼう!

残留農薬に関しては不安を感じるものの、実際に自分たちの目で見たり、口で味わったりして確かめられるものではないのが困ったところです。
本当の安全性に関しては、メーカーを信頼するしかありません。
原料の検査を徹底してある、信頼できるメーカーのものを選ぶ、というのがまず大切なポイントですね。

それから、原料そのものにこだわっている青汁を選ぶことも重要です。
例えば農薬不使用や有機栽培で育てた原料のみを使用している青汁などは、安全性の面で高く評価できるでしょう。
こういったこだわりをじっくりチェックしながら、より安心して飲み続けることができるものを厳選しましょう。

青汁の残留農薬の検査は、将来の健康のためにも、とても大切な意味を持っています。
どのような検査が行われ、どんな結果が出ているのか、また原料にはどんなこだわりがあるのか・・・
そういった点までしっかり比較検討しながら、安心して長く付き合える青汁を選びましょう。

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?