放射性物質という言葉には、誰もが敏感になってしまいますよね。
では、健康のためにという想いで飲んでいる青汁で、この放射性物質の影響を受けることはないのでしょうか?
気になる青汁の放射性物質の検査について、チェックしておきましょう。

放射性物質の検査の必要性

青汁は栽培された大麦若葉やケール、明日葉などの野菜を加工して作られています。
これらの野菜類は、条件によっては放射性物質に汚染されてしまう恐れがありますよね。
しかも恐ろしいことに、この放射性物質というものは、目には見えないのです。

そのため、「本当に汚染されていない安全な青汁なのかどうか」という点を、消費者が直接にチェックして判断するのは、非常に難しい状況にあります。

しかも青汁という健康食品は、その特性からして、毎日コツコツと継続的に摂取することが推奨されています。
これが万が一、放射性物質が含まれているような青汁なら、毎日コツコツと体に負担をかけてしまうことにもなり兼ねない、という事態が招かれるのです。

そんな恐ろしいことにならないためにも、放射性物質の検査を徹底してある青汁を選ぶことは、非常に重要です。

放射性物質が含まれる青汁はある?

では、実際に市販されている青汁の中から、放射性物質が検出されることはあるのでしょうか?

これに関しては、日本では食品に関する厳しい基準があるため、基本的には放射性物質の汚染が認められる食品は出荷されないようになっています。
そのため、市販されている青汁を何気なく口にしていても、それが例え激安のものであったとしても、放射性物質に汚染されているとは限りません。
大半のものは、安心して飲める、最低限の安全性を確保しているからこそ、市販されているのだと考えることができます。

ただし、放射性物質の検査に関しては、青汁には義務付けられていませんので、中には検査されることなく販売されているものもあると考えられます。
もしそんな中で、販売されているものから放射性物質が見つかると、消費者の不安をあおるだけでなく、その発売元のメーカーも大きな打撃を受けることになりますよね。

そのため、多くのメーカーが自主的に放射性物質の検査を行い、信頼できる安全・安心な青汁のみを出荷しています。
つまり、基本的には青汁により放射性物質の被害に遭う可能性は低いと言えるのです。

青汁を選ぶ際の注意点

できるだけ放射性物質のリスクを避けるためにも、安心して美味しい青汁をいただくためにも、意識したいのが青汁選びです。
「国産であれば安心」と思い込んでいる方も少なくありませんが、そういうわけにはいきません。

注目したいのは、放射能検査済みのマークが記載されているかどうかという点ですね。
しっかり検査され、品質管理を徹底してある青汁を選びましょう。

放射性物質の検査にういては、第三者機関に依頼しているところもあります。
信頼できる機関に依頼して、第三者のプロの目で見極めたものだけを販売している、という条件なら、かなり安全性が高いと言えますね。

青汁は放射性物質の検査を徹底してあるかどうか、という点も選ぶ際の重要なポイントになります。
放射性物質は、すぐには大きな影響が出ないかもしれませんが、毎日摂取し続けると、将来の体に何かしらの問題が出てくることもあり得ます。
そんな事態にならないためにも、徹底的に安全性をチェックして、青汁選びをしていきましょう。

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?