美容や健康、ダイエットなど、様々な視点から注目されている成分と言えば酵素ですよね。
酵素を摂取すれば代謝が高まり、痩せやすくなったり、デトックス作用によりお肌がキレイになったりします。
そんな酵素を摂取する方法と言えば、生の野菜や果物を食べたり、発酵食品を食べる、酵素ドリンクを飲む・・・といった方法が一般的です。

酵素が不足するとどうなる?

酵素とは、生物が生きていくためになくてはならないタンパク質です。消化や筋肉運動、新陳代謝など、ありとあらゆる生命活動に深く関わっており、消化に関わる「消化酵素」と、代謝に関わる「代謝酵素」があります。

酵素が不足すると、次のような症状が現れます。
・消化酵素が上手く働かず、胃もたれを感じやすい
・代謝が低下し、太りやすい体になる
・免疫力が下がり病気にもかかりやすくなる
・疲れやすい
・肌のハリがなくなる

私たちの体内にも酵素はありますが、加齢に伴い全体量が減ってしまいます。
そこで、食事から積極的に酵素を取ることが必要なのです。
酵素を摂取すると、消化酵素の使用を節約できるので、その分代謝酵素の働きが高まります。

酵素の役割がわかると、「酵素ダイエット」でなぜ痩せられるのかも説明できます。
これは、体内に酵素を取り入れることで代謝酵素の数を増やし、エネルギーの消費量を上げることで太りにくく痩せやすい体にするという仕組みなのです。

酵素は、美容と健康に欠かせないもの。生きた酵素が代謝や消化に関わっているということがわかれば、摂取の重要性がよく分かりますよね。

ただ、酵素の効果をしっかり体内に取り入れるには、「生きた酵素」で無くてはなりません。
酵素は熱に弱く、加熱した食物からは摂取できないので、いくら「酵素入り」と謳われた商品でも、加熱工程を経ていたら意味が無いのです。
そのため、日常生活でも酵素を摂り入れるためには、加熱しない野菜や果物が良いとされているわけですね。

では、青汁で生きた酵素を摂取することはできるのでしょうか。

加熱処理された青汁では酵素が無い!

酵素は非常に熱に弱く、たった60度の加熱で活動を停止してしまうものもあります。
そうなると、せっかく摂り入れても代謝アップなどの効果を発揮することはできません。

つまり青汁で酵素を摂取したいのであれば、この「加熱」という過程を省いている必要があります。
高温で加熱処理された青汁では、生きた酵素は含まれていません。

青汁の中には、野菜を高音乾燥させた後で粉末加工するタイプもありますが、この場合は残念ながら酵素の効果はないでしょう。
しかし、低温乾燥、生絞り、フリーズドライなど製法にこだわる製品も増えていますから、青汁を選ぶ際には生きた酵素が含まれる製法が取られているものを選びましょう。

青汁の酵素を活かして飲む方法

非加熱製法で酵素もたっぷりの青汁ですが、その効果を最大限に引き出すためには、飲み方にもコツがあります。

・ホットにしないこと!
・食前に飲むのがオススメ

せっかく熱を加えず、デリケートな酵素を守りながら作った青汁。
これに熱湯などを加えて、ホットにしてしまうと、酵素が死滅してしまい台無しになりますね。

酵素を最後まで活きた状態で摂り入れていくためには、冷水や60度以下のぬるま湯で割るようにしましょう。
牛乳なども活用しやすいですね。

どうしても「体が冷えるから冷たく飲むのは苦手」という方は、飲むのではなく、ヨーグルトなどに混ぜて摂取する方法もあります。
ヨーグルトもまた、酵素を含む発酵食品ですので、相乗効果で美容と健康に強力に役立ってくれるでしょう。

それから、酵素という成分は空腹時によく働くことが分かっています。
そのため、食事中や食事後ではなく、食事の前に摂取するのが理想的です。
酵素を効率よく働かせることができれば、その後の食事も消化・吸収されやすくなり、栄養をしっかり体内で活用できますね。

青汁と酵素ドリンクなら?

青汁にも酵素が含まれたものがある、となると、「なら酵素ドリンクよりも青汁の方が良いの?」という疑問を抱く方もいらっしゃるでしょう。
確かに酵素ドリンクは高額なものが多く、青汁の方が気軽に継続しやすい価格帯で、メリットが大きいように感じられますよね。
ですが、これらは根本的な目的が違うということを忘れてはなりません。

・青汁・・・野菜の栄養を補給することがメイン
・酵素ドリンク・・・多くの酵素を補給することがメイン

ただ、注意しておきたいポイントがあります。それは、酵素ドリンクは清涼飲料水のため、製造過程で加熱処理をされていること。
そのため、酵素ドリンクには生きた酵素そのものが含まれているわけではないのです。

ですから、「生きた酵素」にこだわりたい方は、青汁を選ぶことをオススメします。

食事から酵素を摂取することで、私たちの体には嬉しい効果がたくさんあります。
毎日生の野菜や果物を食べるのも大変ですから、手軽に野菜の栄養や酵素を取り入れられる青汁を日々の生活に取り入れたいですね。
青汁を選ぶ際には、生きた酵素が含まれるように、非加熱製法で作られたものを選んでください。
ダイエットや美容にも、さらなる効果が期待できるかもしれませんね。

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?