青汁、と言っても、その中には様々な種類があります。
使用される原料も違えば、製法や形状も違う商品が、多数販売されていますよね。
健康ブームに乗って大人気となっている青汁。
では、粉末や冷凍、ジュレ、打錠など、形状の違うそれぞれの青汁は、一体どのような特徴を持っているのでしょうか?

粉末の青汁の特徴

最も一般的に出回っている青汁と言えば、粉末のものですよね。

粉末のものは、水や牛乳などと混ぜて飲むだけという手軽さが大きな魅力です。
サラサラの粉末状なので、水にも溶けやすく、ストレスなく飲むことができます。

「濃くて、飲みにくい」という印象を持たれている方もいるかもしれませんが、最近は複数の素材をブレンドしたり、緑茶を加えて飲みやすくしたり、フルーツ風味を加えたりと飲みやすさに特化した粉末青汁も増えています。料理にアレンジする使い方も任期です。
味も素材もバリエーション豊かで、まさに”粉末青汁戦国時代”といえるほど。必ず自分の口や体質にあった青汁が見つかるでしょう。

粉末状の青汁には、様々な製法があります。
ほとんどは、「栄養価の高い野菜を乾燥させた後で粉末に加工する」という手法で作られています。

ただ、この「乾燥」という過程で高温の熱を加えてしまうことで、ビタミンなど、熱に弱い一部の栄養素が損なわれてしまうというデメリットもあります。
そこで、そのようなデメリットを解決するために、低温で乾燥したり、生搾りを取り入れたり、フリーズドライで粉末化したりと、製法にこだわる青汁も登場。
これらは野菜の栄養価が熱によって失われずに残っていますから、本来の効果が実感しやすいと言えますね。

粉末青汁は非常に種類が多いので、味・素材・栄養・製法に関するこだわりを比較して、自分に最適な青汁を探すことが大切です。
その中でも、栄養面に気を使う方は、できるだけ熱を加えず、栄養を損なわない工夫をしながら乾燥して粉末化されたものを厳選しましょう。

冷凍の青汁の特徴

冷凍の青汁というのは、その名の通り、青汁をそのまま冷凍してある商品のことです。
あまり知られてはいませんが、実はファンの間では根強い人気があります。

冷凍の青汁の製法は、栄養豊富な野菜を絞ったものを、そのままの状態で冷凍するという、ごくシンプルな方法です。
そのため、粉末の青汁のように様々な加工の工程が加わることがなく、その分、野菜が本来持っている栄養素をそのまま含有しています。

ただ、飲むためにいちいち解凍しなくてはいけないので、「手軽に続ける」のは難しいです。持ち運びも不便です。
また、野菜本来の青臭さや苦味・エグみが非常に強いため、飲みにくさを感じる人が多いでしょう。

ジュレタイプの青汁の特徴

ジュレタイプの青汁は、ゼリー状になった青汁が1回分ごとに個包装されているタイプです。
水がなくても、手軽に摂取できるのが特徴です。持ち運びにも便利ですね。
のどごしが良いので、野菜のクセも気になりにくいという声が多い形状です。

ただ、ジュレタイプに加工するために様々な工程が取られている点には注意。
加熱によって、ビタミンや酵素が失われている物が多いです。
また、ジュレ状にするための添加物も含まれているので、製品の安心感にこだわる方にはあまりオススメできません。

打錠タイプの青汁の特徴

青汁を液体にして飲むのではなく、打錠として、サプリ感覚で気軽に摂取できるというタイプです。
青汁独特の味やニオイをほとんど気にすることなく、簡単に飲めてしまうので、青汁がどうしても苦手という方には強い味方となるでしょう。

ただ、打錠にするためには、複数の加工過程が必要ですし、小さな中に詰め込める栄養素も限界があります。
そのため、1度に摂取できる量が限られている打錠タイプでは、どうしてもドリンクタイプに比べて、栄養価が劣ってしまうというデメリットがあります。

また、サプリ感覚で飲めてしまうが故に、「青汁を飲んだ気がしない」「本当に効果があるのかわからない」という印象も受けがちです。

結局どれがベスト!?

青汁のタイプは主に、粉末・冷凍・ジュレ・打錠といったものになりますが、他にも色々なタイプがありますよね。
例えばすでに缶に入った液体タイプのものなども販売されています。

この中でオススメなのは、やはりベーシックな粉末タイプの青汁。
実際、青汁を飲んでいる100人にアンケートを取ったところ、実に97人の人が粉末タイプを愛飲。このことから、高い人気が伺えます。
素材や得られる効果のバリエーション、味の多彩さから、自分にあったものを選びやすいという点でも、粉末青汁は初心者向けです。

ただ、どの粉末青汁でも良いかというと、そうではありません。大切なのは、目的に応じた青汁を選ぶことです。

例えば、
・青汁にどんな効果を期待するのか、
・自分にはどんな栄養が不足しているのか
・安全性には問題ないのか
・添加物は使われていないか
・毎日負担なく続けられる味か
・コストは適切か

など、選ぶべきポイントはたくさんあります。
自分が青汁に何を求めているのか、そのニーズをしっかり理解して、自分に合うものを選びましょう。

色々な形状が登場してきた青汁。
便利さ、飲みやすさなど、どんどん向上し、進化していることが分かりますね。
それぞれのメリット・デメリットをよく理解した上で、本当に役立つ青汁を厳選しましょう!

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?