成分は桑の葉や大麦若葉ではなくケール100%
ケールは他の「桑の葉」や「大麦若葉」の青汁よりも飲みにくいと言われていますが、栄養価は抜群に良いのが特徴です。
ファンケルは原材料のケールにこだわり、愛媛県・鹿児島県・長野県の契約農家で栽培したケールのみを使用しています。また、ミネラル農法で栽培していることで安心、安全性だけではなく栄養価のアップや苦味を抑えた旨み・甘みが強い青汁となっています。
飲みやすさの工夫として他にも、ファンケルマイルドテイスト製法を採用するなど「飲みにくい」と一般的に言われるケールの青汁を美味しく続けやすい味にしています。
安心にこだわった無添加、国産
無添加、国産など安心にこだわっているので小さな子供やご高齢の方の栄養補給にもオススメの青汁です。
カルシウムが豊富
カルシウムの多いケールを更にツイントースを加えることにより、吸収率をアップさせています。子供や青汁が苦手な方が飲む場合は、牛乳や豆乳、果汁などに混ぜるなどして工夫してください。飲み物だけではなく、お料理やお菓子作りにも加えると手軽に栄養価をアップさせることができます。

幅広い年齢層に合う青汁なので、ご家族全員の健康維持にも役立てることができます。

ファンケル本絞り青汁ベーシックは、国産のケールを100%使用している青汁だワン。
青汁には、いろいろな種類の原材料を組み合わせて作っている変わり種タイプと、一つの原料を100%で作っているシンプルな王道タイプがある。
このファンケル本絞り青汁ベーシックは、王道タイプのシンプル青汁だワン。
ケールは、ビタミンCやβ-カロテンがEやカリウム、食物繊維といった健康に欠かせない栄養がしっかり摂れるワン~。
しかも、無添加なので、安心だワン。
ただ、無添加で単一原料の王道青汁にありがちなのが、「飲みづらい」という点だワン・・・
たいてい飲みやすい青汁は糖分で味をごまかしているんだけど、この手の王道タイプは「やっぱり青汁だな~」という感じがどうしてもしてしまうワン。
ケール特有の青臭さとえぐみはどうしても残ってしまうんだけれど、これは仕方がないことだワン。

本絞り青汁ベーシックなら、定期お届けサービスで90本入り7044円、一本約78円と、コストパフォーマンスは良いほうじゃないかな。
もう一段上の本絞り青汁プレミアムという商品もあるワン。ベーシックは1本4.5グラムで、プレミアムは1本10グラム。お値段も定期コース90本入りで10459円、1本約116円と若干お高いけれど、グラム単位で考えるとプレミアムの方が断然お得だワン! 「青汁なんだから、栄養素が全て!多少まずくても気にしない!」という人向けの商品だと思うワン。

  一言コメント
美味しさ ケール100%だが飲みやすさを実現
栄養価 カルシウムなど栄養価は抜群
安心感 ファンケルこだわりの国産、無添加・無香料
青汁感 青汁らしさはあるが、飲みやすい
コスパ お試しセットは1本50円。まずは、お試しを購入!
  • 口コミ
  • 体験レポート
  • 基本情報

ファンケル青汁ベーシックの口コミ

ファンケル青汁ベーシックの口コミ

<23歳 女性>

まだ、飲み始めたばかりなので目に見えた効果は分かりませんが、続けてみようと思います

野菜不足が気になるので購入しました。青汁は始めてだったので不安でしたが、飲みやすい味です。私はりんごジュースに混ぜて飲んでいます。
ダイエットも行っているのですが、栄養バランスが大切だと聞き、健康的に痩せるために青汁を欠かさないようにしています。
そのおかげか、食事の総量が減っても便秘になっていないのがうれしいです。体重もゆっくりですが減っています。肌荒れもしないで痩せられたので、びっくりです。

<30歳 男性>

栄養不足改善のために、続けるつもりです

健康には青汁がいい!と思い、価格も手頃だったのでファンケルのこちらの商品を購入しました。お昼どきにお茶や野菜ジュースに混ぜて飲んでいます。忙しいときは昼食に気を配る余裕がないのですが、青汁はできるだけ飲むようにしています。
口内炎ができにくくなったのは、この青汁を飲んだから?と思っています。
健康に気をつけようと思っていても、行動に移すのはなかなか難しいので青汁のような飲み物で補給できるのはすごく使いやすいです。

<30歳 女性>

劇的な効果はありませんが、便秘改善の効果はアリ

色々な青汁があって迷いましたが、無添加化粧品メーカーのファンケルが販売していることと、値段もそんなに高くないことからこちらの青汁を選びました。
味は今までスーパーで購入した青汁よりも飲みやすいと思います。野菜ジュースに溶かして飲んでいますが、水に溶かしても私は飲める味です。
健康効果ですが、便秘になりにくくなったと感じています。美肌効果はまだ分かりません。便秘改善したので相乗効果がありそうな予感です。
しばらく続けてみようと思います。

<54歳 女性>

両親のために買ったけど、自分の分も注文してみようかと迷っています

高齢になった父母の健康のために注文しました。双方、健康食品に興味があるのでとても喜ばれました。(テレビでも青汁の宣伝をしているので、試してみたかったようです)味は思っていたよりも飲みやすいとのこと。最初は野菜ジュースに混ぜて飲んでいましたが、最近は水やお湯に溶かして青汁そのものの味を楽しんでいるようです。
私も試してみましたが、飲みやすいと思いました。
気に入っているということなので、定期購入にしようかと考えています。

<26歳 女性>

子供の為にも安心にこだわりたいので、ファンケルの青汁にしました

妊娠をしたので栄養補給になにかいいものはないかと思って見つけました。
選んだ理由は国産、無添加ということと、続けやすい値段。あと、味もおいしいという口コミが多かったので注文しました。
妊娠してから便秘になったのですが、劇的な効果はないものの張りなど楽になりました(^O^)
溶かして飲むだけなので、栄養補給しやすいのがうれしいです。牛乳や豆乳など栄養の多い飲み物にプラスして飲むのがマイブームです。

<34歳 女性>

私も子供も満足です

数年前から自分用に購入していましたが、子供(小学生)が飲みたいと言い出したので最近は、一緒に飲んでいます。無添加、国産ということと、よく知るファンケルの青汁なので安心して注文することができます。
子供が飲みだしたので、減る速度が早くなりましたが健康維持のための必要経費と定期購入しています。小腹が空いたときに炭酸飲料を飲むより、ずっと健康的ですし(>_<)
親子で風邪など体調不良に悩まされることがないのは、青汁のおかげもあるのかと思っています。

<53歳 男性>

青汁としては大満足

メタボリックが気になりつつ放置していましたが、健康診断で引っかかり健康やダイエットについて調べました。そこで、栄養価や食物繊維などが豊富な青汁を試してみようと思い立ち、ファンケルの青汁を購入。野菜不足なのは自認していましたが、行動に移せていなかったので、青汁は良いきっかけになりました。
ダイエット効果は分かりませんが、元々健康食品なのでそこまで期待していません。減量には運動とカロリー制限が必要なので、サポートで飲んでいます。
朝か昼に食事と一緒に飲んでいます。野菜ジュースに混ぜるとおいしいのですが、糖質が気になるので最近は豆乳に混ぜて飲んでいます。
まだまだ、メタボ体型ですがこれからの健康を考えて本格的にダイエットを始めようと思っています。青汁もサポートに使用していきます。

<60歳 男性>

健康の為にも継続して利用したい

単身赴任中に野菜不足が気になり、購入しました。5年程飲み続けていると思います。クセがない飲みやすい味が、コツコツ続いている理由だと思います。
色々な飲み方があるようですが、私はお湯に溶かしてお茶のようにして飲んでいます。暖かい飲み物の方が、お腹に優しい感じがします。
まだまだ、頑張れる年だと思っていますが体調を崩す同世代が多いので、できる限り健康に気をつけて生活したいです。青汁などは手軽に取り入れられる健康習慣だと思います。

ファンケル青汁ベーシックの体験レポート~実際に飲んでみました~

ファンケル青汁ベーシックの体験レポート

スープ感のある味わい
「ファンケル本搾り青汁ベーシック」は、ケールの生薬を40g分含み、1本で1食分の野菜を補えるという青汁です。ケールの青汁は苦味が強いといわれるので、実際に飲むまでは続けられるか少し心配でした。
封を切ってみると、ふんわりと青菜の香りがします。抹茶というよりは、美味しそうな野菜の香り。きめ細かい濃緑の粉末は、適度な量だと感じました。思い切ってなめてみると、野菜スープのようなほっこりとしたまろやかな味です。
早速、1本を100mlの水に溶かしてみます。溶け残りもなく、手間を感じません。溶かした香りも、ほうれん草のスープを思わせます。口に含むと、柔らかな青野菜の味が広がりますが、苦味やえぐみはまったくありません。野菜嫌いでなければ、問題なく受け入れられます。後口も悪くありませんし、粉っぽさも気になりませんでした。
最近は、完全に「抹茶寄り」の青汁もありますが、それらよりはずっと「青汁らしい」感じがします。それでいて飲みにくさや苦さはなく、青汁ビギナーでも、すんなり受け入れられる絶妙なバランスだと思います。
“ケールでも美味しい“がコンセプトの「ファンケル本搾り青汁ベーシック」。水でも十分飲みやすい味ですが、牛乳も試してみました。「とても芳しい」これが第一印象です。控えめな香りが、牛乳に溶かすことによって逆に引き立っています。一般的な青汁にありがちな「お茶」とは異なりますが、柔らかく、癖になってしまいそうな味わいです。惜しむらくは、冷蔵庫から出したての牛乳の場合、なかなか溶けにくくコップの隅に残ってしまいました。常温にするか、少量の水で溶くと良いかもしれません。これがなければ、ミルク仕立ての青汁として、かなり高得点ではないでしょうか。

徹底した土づくりがファンケルのこだわり
「ファンケル本搾り青汁ベーシック」の特徴は、他社の青汁に見られるような多種の素材をブレンドせずに、国内産ケールのみで勝負しているところ。国内産ケール100%を謳う青汁は他にもありますが、徹底した土壌管理によって差別化を図っています。
“ミネラル農法”はあまり聴き慣れないことばですが、毎年土壌検査を行ない、成分の過不足を調整することで、ベストなミネラルバランスの土地を作り上げる農法とのこと。その土で育つケールはしっかりと根を大地に張り、ミネラル養分を存分に吸い上げながら、健やかにたくましく育つのです。他のケール100%青汁と違い、苦味もえぐみもなく、ほのかな自然の甘味が加わるのは、この農法のお蔭だそうです。ふかふかした大地からたっぷりと養分をもらった「ファンケル本搾り青汁ベーシック」。だからこそ、あの「ダシ」のようなうま味が感じられたのだと、思わず納得できました。

“健康・得楽便”で末永い健康生活
「ファンケル本搾り青汁ベーシック」は30本入りで通常価格は、2,911円。1本は1食分の野菜となっているので、食事で食べる野菜量に合わせて調整できます。徳用3箱セットは、7,827円なので毎食しっかり摂りたいという人におススメ。定期コースの“健康・得楽便”ならばさらにお得です。1箱30本入りが2,619円、90本入りは7,044円。1か月ごと、2か月ごと、3か月ごとのコースから選ぶことができるので、予算や消費状態に合わせられて便利。いつでもコース変更、休止が可能です。
でも、まだ続けられるかどうかわからない…と、不安に感じる人のためには送料無料で10本500円のお試しセットがあります。ケール丸ごとを、すっきり飲みやすい微細な粉末に閉じ込めた「ファンケル本搾り青汁ベーシック」。試してみる価値が、大アリです。

ファンケル青汁ベーシックの基本情報

ファンケル青汁ベーシックの基本情報

名称 本搾り
青汁ベーシック
内容量 4.5g×30包
主原料 ケール(国内産)、
水溶性食物繊維、
でんぷん分解物、
植物性ツイントース
主原料産地
製法・形状
ケール(国内産)
由来:ケール(日本)ミネラル農法/加工地:日本
水溶性食物繊維
由来:とうもろこし(アメリカ、中国)/加工地:アメリカ、韓国
でんぷん分解物
由来:キャッサバ(タイ)/加工地:日本
DFAIII
由来:チコリ(ベルギー)/加工地:日本
包装タイプ スティックタイプ 1日量目安 1~3包
原材料名 ケール(国内産)、水溶性食物繊維、でんぷん分解物、植物性ツイントース(オリゴ糖)
お召し上がり方 1本あたり100ml程度の水などによく溶かしてお召し上がりください。
本搾り青汁は様々な飲み物に混ぜたり、お料理にもお使いいただけます。             
栄養成分表示 食物繊維:0.85~1.8g、ナトリウム:4.8~11mg、カリウム:46~141mg、カルシウム:33~78mg、マグネシウム:6.5~15mg、鉄:0.08~0.15mg、β-カロテン:153~787μg、ビタミンC:17~53mg、ビタミンE:0.20~0.73mg、ビタミンK:46~95μg、葉酸:13~30μg、総クロロフィル:6.1~13mg、SOD様活性:6500~18000単位、ルテイン:0.39~1.1mg、植物性ツイントース:500mg
<エネルギー:1本当たり 9.6~16kcal>
●着色料・食塩・保存料・香料 無添加

【ご注意】
※薬(特に血液凝固阻止薬など)を服用中の方、ビタミンKの摂取制限を受けている方、あるいは通院中の方はお医者様とご相談のうえお召し上がりください。
※一度に多量に摂ると、体質によってはお腹がゆるくなることがあります。

ご購入プラン 価格 送料
通常価格(1箱) 税込2,700円 360円
徳用3個セット 税抜7,250円 無料
定期購入(1箱) 税込2,619円 360円
定期購入 徳用3個セット 税抜7,044円 無料

※一度にお届けする商品の通常価格の合計金額が3,000円(税込)に満たない場合、お届け先ごとに別途送料360円(税込)が加算されます。

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?