食物繊維

食物繊維は野菜やキノコ、海藻類など、様々な食品に含まれています。
これはカスとなって腸内をお掃除する働きを持っており、一昔前までは、それほど重要な成分とは考えられていませんでした。

ですが、現代では「第六の栄養素」と呼ばれるほど、重要なものとして知られています。
ひと口に食物繊維と言っても、実は様々な形状のものがあり、それぞれに働きも違っています。

青汁にも、原料の青菜由来のものが含まれていたり、あるいはデキストリン、難消化性デキストリンといった形で配合してあるものもありますね。

食物繊維は、大きく分けると2種類に分類されます。

  • 不溶性食物繊維・・・セルロース・ヘミセルロース・リグニンといったものに細かく分類できます。
    多く含む食品としては、大豆やゴボウ、小麦ふすま、穀類、完熟の野菜などが挙げられます。
  • 水溶性食物繊維・・・ペクチン・ヘミセルロース・ガム質に細かく分類できます。
    リンゴ、みかんなどの果物類、芋類、キャベツ、海藻類、大豆などに多く含まれます。

この不溶性食物繊維と水溶性食物繊維は、それぞれに働きが違いますので、どちらもバランス良く摂取することが大切です。

食物繊維がもたらしてくれる効果は、それぞれに違いがあります。

  • 不溶性食物繊維・・・腸の蠕動運動を活発にして、消化管内で水分をかかえて便を増やし、排泄を促します。
    また、硬さがあるのでよく噛んで食べるため、食べ過ぎを防いだり、歯の健康、顎の成長などにも役立ちます。
    さらに、発酵性があり、腸内でビフィズス菌を増やして腸内環境を整えます。
    ただし、摂取しすぎると便がコロコロと固くなり、逆に便秘を悪化させてしまうこともあるので摂り過ぎには注意が必要です。
  • 水溶性食物繊維・・・粘着性があるので、胃腸の中をゆっくり移動します。
    満腹感を持続させやすく、食べ過ぎを防ぐ効果が期待でき、ダイエットにも役立ちます。
    さらに糖質の吸収も緩やかにしてくれますので、食後の血糖値が気になる方にも適しています。
    コレステロール、胆汁酸を吸着して排出させる働きもあり、デトックス効果が期待できます。
    こちらも発酵することでビフィズス菌を増やし、腸内環境を整えます。

このように、2種類の食物繊維にはそれぞれに違った働きがあり、どちらもバランス良く摂取して初めて、便秘解消や美容、ダイエットに嬉しい効果が期待できるということが分かります。
青汁の場合は、大抵はこれら2種類の食物繊維がバランスよく配合されているので、安心ですね。

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?