乳酸菌

乳酸菌というのは、今や当然のように様々な食品に含まれている善玉菌の1つですよね。
具体的にはどういうものなのかと言うと、代謝によって乳酸に変えることができる菌を総称して「乳酸菌」と呼んでいます。
そのため、実際には約250種類以上もの細菌があり、厳密にはそれぞれに名称がつけられているのです。

この乳酸菌は、特にヨーグルトなどの乳製品に含まれていることが知られていますね。
実はヨーグルトに含まれているのは「動物性」の乳酸菌であり、これの他に「植物性」の乳酸菌もある、というのも大きな特徴です。

動物性は熱、酸に弱いため、生きた状態で腸まで届くのは難しいのが欠点です。
これに対して植物性は熱や酸にも比較的強く、腸まで届きやすいという特徴を持っています。

日本人の体に合っているのは、植物性乳酸菌であると言われています。
これは漬物や味噌など、日本人が古くから食してきたものに多く含まれており、昔から日本人の健康を支えてきました。

乳酸菌は菌ですので、これ自体に栄養が豊富に含まれているというわけではありません。
では、体の中で一体、どのような働き方をするのか、というのが気になるところですね。

  • Step1・・・腸内に入る
  • Step2・・・オリゴ糖などの糖を分解
  • Step3・・・乳酸を作り出す

乳酸菌は腸内に届くと、このような働きをします。
ただし、この乳酸菌が働くためには、オリゴ糖などの腸内で善玉菌のエサとなる糖と、発酵に必要な酵素が必要です。

また、そもそも生きた状態で届く乳酸菌を選ばなければ、これらの働きは得られないことになります。
できるだけ植物性の、強い乳酸菌を摂り入れることで、腸内環境を整えていきましょう。

乳酸菌は美容や健康に様々な効果をもたらしてくれます。

まず、得られる効果として挙げられるのは「腸内環境正常化」ですね。
腸内には善玉菌と悪玉菌がありますが、バランスが崩れて悪玉菌が優勢になってしまうと、便秘になったり、ガスが溜まったり、肌荒れしたりと様々な不調が起こってきます。

そこで、乳酸菌を摂取すると、これが腸内で善玉菌を増やしてくれるので、便秘が解消され、様々な不調を改善するのに役立ってくれるというわけです。

また、他にも乳酸菌には免疫力を高める効果なども期待できます。
免疫力が高まれば、感染症にもかかりにくくなり、癌の予防などにも役立ちます。
花粉症に悩まされている方も、乳酸菌で腸内の環境を整えることで改善できる、ということが言われていますね。

さらに乳酸菌は、肌荒れの対策にも効果が期待できます。
便秘が改善されることにより、体の代謝が良くなることでお肌のターンオーバーが促進されたり、免疫力のアップでお肌のバリア機能が向上する、といった効果も期待できます。

乳酸菌を配合してある青汁には、単なる栄養補給だけではなく、こういった様々な面での健康をサポートしてくれる役割があります。 特に便秘悩みを抱える方にはオススメですね。

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?