明日葉

明日葉はとにかく生命力が強く、「今日摘んでも明日には葉が生える」という意味から、その名前が付けられたと言われています。
そんな明日葉は、元々は日本原産で、房総半島、伊豆諸島、紀伊半島などの太平洋岸で自生していました。

1メートル前後もある草で、主に葉と茎の部分が食用として、昔から用いられてきました。
現在では食卓に上がることはほとんどありませんが、大半は東京・八丈島で栽培されており、栄養価が高く希少な野菜として注目されています。

食用としての明日葉には、ややクセがあるものの、青臭さが少なく、青汁にしても苦みなどを感じにくい、美味しい商品も多いのが魅力です。
青汁にも多く用いられていますが、クセを軽減するために大麦若葉とブレンドしてあるものも多いですね。

明日葉は魅力的な栄養素をたっぷりと含んでいます。
ビタミンやミネラルがたっぷりで、野菜不足で悩んでいる方のサポートにはピッタリですね。

  • ビタミンC・・・美肌や免疫力アップ煮効果的
  • ビタミンK・・・血液凝固作用
  • ビタミンB群・・・お疲れ対策や代謝アップに
  • ビタミンE・・・抗酸化作用が高い
  • β-カロテン・・・ビタミンAに変わって粘膜を強化
  • カルシウム・・・骨を強く
  • マグネシウム・・・代謝アップに
  • カリウム・・・余分な水分や塩分の排出をサポート
  • 食物繊維・・・腸内環境をスッキリ整える
  • カルコン・・・ポリフェノール系成分の1種

これらの栄養素ですね。
ビタミンやミネラルは、美容と健康にうれしい成分になります。
特にカリウムやビタミンEが豊富なのが、明日葉の特徴です。

それから、もう1つ、明日葉で見逃せない栄養素がカルコンです。
このカルコンこそが、明日葉の生命力の強さをもたらす源であるとも考えられています。

魅力的な栄養素をたっぷり含有した明日葉には、様々な嬉しい効果が期待できます。

  • 胃酸を抑制する
  • 血圧を調整する
  • 発がん性物質を抑制する
  • 利尿作用
  • 抗酸化作用

これらは特に明日葉に含まれるカルコンというポリフェノールが活躍することにより、得られる嬉しい効果です。
さらに明日葉には、カリウムというミネラルの1種も豊富なため、こちらも利尿作用をもたらし、高血圧の方やむくみが気になる方には特に効果的であると言われています。

また、明日葉にはクマリンという成分も含まれており、これにはアルツハイマーの予防効果が期待できるということも分かっています。

豊富なビタミンやミネラルには、体の免疫力を高める働きもあり、風邪などの感染症にかかりにくくなったり、癌などの生活習慣病を防ぐのにも効果的です。

中国では医薬品や、朝鮮ニンジンの代用品としても使用されてきたというほど健康効果、美容効果が高く評価される明日葉。
こちらを気軽に、美味しく摂取したいのであれば青汁がおすすめです。

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?