カリウム

カリウムは五大栄養素ではミネラルに分類され、体内の不要な塩分の排出に役立っています。
体内に塩分が多いとむくみや高血圧、喉の渇き、さらには腎臓に負担をかけることになってしまいます。
腎臓の機能が低下すると身体から不要なものを排出することができなくなり、ひどくなると人工透析を受けなければならなくなる場合もあります。

今、人工透析をされている人も、最近腎臓の数値が良くないと言われた人にも、青汁に含まれているカリウムによって、塩分を体内から排出する助けになります。
ですが、摂りすぎは『高カリウム血症』という症状に繋がります。
吐き気や不整脈、脱力感などの症状が出る事がありますので、お医者さんとよく相談してから飲むようにしましょう。

カリウムは加熱によって栄養素が失われてしまうので、カリウムを多く摂取したい時には、調理に使った煮汁なども一緒に摂取するとよいでしょう。
カリウムが多く含まれる食品には、ほうれん草や牛ヒレ、キウイフルーツや納豆などがあります。青汁をうまく利用すれば、カリウムを無駄なく摂取する事ができます。

カリウムを多く含む青汁は、塩分と塩分によって溜め込まれた水分を排出してくれるはたらきがありますので、高血圧の方にも良い飲み物だと言えます。
腎臓に機能の低下がみられている人以外は、カリウムを摂りすぎても尿と一緒に排出されますので、カリウムの量を気にする必要はありません。

たくさん汗をかく人やトイレが近い人、コンビニ弁当など加工食品に頼りがちな人、また塩辛いものが好きな人は、青汁で必要なカリウムを補ってみてはいかがでしょうか?
青汁を上手に活用して、いつまでも身体の中から健康でいたいものですね。

むくみの解消

むくみの原因と青汁の関係とは?美容で青汁を飲んでいる人はむくみとは無縁なのではないでしょうか?
足や顔がむくんでいると太って見えますし、なによりだるいですよね。
むくみがひどい人は、体内の塩分濃度が高すぎるので、細胞内に水分を取り込み、塩分濃度を調節しようとします。
その水分によって顔や足など気になる部分がむくんでしまうのです。
水分確保のために尿や汗の排出も抑えられてしまう事があり、痩せにくい身体になってしまいます。

高血圧の予防

血液内にも溜め込まれる水分もあります。
血液はあなたを作っている大切な要素です。塩分過多を解消しようと、血液内にも水分が多くなり、血液量が増え、血管や心臓に負担がかかってしまいます。
それをほおっておくと高血圧になってしまいます。
むくみがひどい人は、カリウムを多く含む青汁を飲む事で、腎臓に負担をかけずに汗や尿によって要らない水分を排出できます。

カリウムを含む代表的な青汁

サントリーの『極みの青汁』

サントリーの『極みの青汁』は偏りがちな食生活の人やなんとなく体調がすぐれない人、野菜不足の人に人気の青汁です。
野菜の1日の摂取量は350gが望ましいのですが、なかなかきちんと毎日野菜を摂れている人は多くないようです。
こちらの青汁はお茶代わりに飲める爽やかな味で人気です。

キューサイの青汁

キューサイの青汁は国産にこだわり、国産ケール100%を使用した青汁で、ケールによる栄養素がバランスよく入っています。
無農薬で手作業で栽培された国産ケールは毎日飲むものとして安心です。

キューサイの『はちみつ青汁』

キューサイの『はちみつ青汁』は国産ケールにはちみつが入っているので、お子様にも飲みやすい味として人気です。
スティック1本7gに123gものカリウムを含んでいます。

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?