葉酸

葉酸は水溶性のビタミンB群の事で、緑黄色野菜にも豊富に含まれています。
コンビニや外食が多い人は、なかなか1日の摂取量の緑黄色野菜を毎日撮るのは大変かと思います。
また葉酸は、レバーや豆類にも含まれていますが、そんなに頻繁に食べる機会がない、という人も多いのではないでしょうか?
またガンの予防にも役立つとされています。いつまでも元気ではつらつと毎日を送りたい人は、葉酸を多く含む青汁がお勧めです。

妊婦さんや妊活に葉酸がいい、と聞いた事がある人もいるかと思います。
その理由をみていきましょう。

葉酸…デオキシリボ核酸の生成、細胞分裂や増殖をたすけるはたらき、赤血球の生成や造血作用

つわりで食欲がない人も、飲みやすい青汁を探して毎日飲みたいものです。
胎児はお腹の中で、すごいスピードで細胞分裂を繰り返し、ヒトの形になっていきます。デオキシリボ核酸は遺伝情報を含むDNAの核ですが、きちんとお父さんお母さんの遺伝子情報を取り込んで成長するには欠かせないものです。
特に妊娠初期は胎児の核酸の生成や細胞の分裂がさかんな時期なので、欠かさないように意識して青汁で摂取したいものです。
また、葉酸は妊婦さんだけでなく、子供の成長にも良い効果をもたらしてくれます。

妊活中にも効果的な葉酸

お腹の中で赤ちゃんがきちんと育つには、細胞分裂や細胞の増殖を助ける青汁を飲むのが良いとされています。
女性が妊娠に気づくのは人それぞれですが、2ヶ月過ぎまで気づかなかった、なんていう人もいます。
ところが2ヶ月というと、もう頭や手足がある人の形になる時期です。感覚や知覚能力もあり、声も聞こえています。この頃に体験した事は生まれてからも大きく影響します。

妊娠しても胎児がなかなか育たない、などの悩みを持つ人は、葉酸を多く含む青汁を積極的に飲んでみてはいかがでしょうか?
日頃、緑黄色野菜やレバー、豆類が不足している人にはもちろん、妊娠中や妊活中の女性にも、葉酸を多く含む青汁は効果を発揮してくれることでしょう。

妊活後にも効果的な葉酸

また、出産後にも青汁を飲むことで、造血作用が見込め、貧血予防や母乳の生成に役立ちます。母乳はお母さんの血液からできていますので、母乳で赤ちゃんを育てるお母さんは積極的に青汁を飲むようにしましょう。
出産後の体力低下や貧血予防にも、葉酸を多く含む青汁は役立ってくれる事でしょう。

葉酸を多く含む代表的な青汁

えがおの『青汁満菜』

えがおの『青汁満菜』は長命草や大麦若葉など、10種類の有機原料からなっており、ピーマン27個分もの葉酸が含まれています。妊婦さんや妊活中の女性はもちろん、男性にも嬉しい栄養素です。

黄金比率ダイエット研究所の『ママの青汁』

農林水産大臣認定の有機JAS、黄金比率ダイエット研究所の『ママの青汁』酵素が生きたまま入っているので栄養価が高く、添加物が一切含まれていませんので、妊娠中でも安心して飲む事ができます。また離乳食の頃の赤ちゃんにもお勧めです。

FABIUSの『すっきりフルーツ青汁』

FABIUSの『すっきりフルーツ青汁』は81種類もの自然由来の酵素などからなり、1杯あたり約21円と続けやすい青汁です。体重が増えやすい妊娠中ですが、しっかりと栄養素を摂りたいという人にお勧めです。つわりなどで青汁はちょっと、という人でもフルーツ味で飲みやすいかと思います。

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?