ゴーヤ

まず青汁といえば大麦若葉やケールなどを連想されると思いますが、ゴーヤの青汁には大麦若葉やケールなどを主成分としている一般的な青汁よりもビタミンCが多く含まれており、美容に役立つのはもちろん、抗酸化作用で『サビない身体』を作ってくれます。
身体の中から美しくいたい人にはうってつけです。

「ゴーヤの青汁って苦そう!」という人はサプリメントで摂るのもオススメです。コップを洗う手間も省けますし、携帯に便利ですね。

夏、緑のカーテンとして育てられるゴーヤですが、ゴーヤには夏バテ予防や血糖値を下げる効果や動脈硬化を予防する効果、高血圧を解消する効果や腸内環境を整える効果があります。

ビタミンC…活性酸素を除去し、老化防止や血管を若々しく保つ

ゴーヤの青汁に含まれるビタミンCには、活性酸素を除去し、老化防止や血管を若々しく保ち、血液中の脂質が酸化するのを防止したりすることで『サビない身体』を作ってくれます。
シミやしわを予防し、美白効果もあるビタミンCが手軽に摂れるのは嬉しいことです。
ゴーヤの産地、沖縄は長寿の県として知られています。しかも、元気なお年寄りが多いのです。

蛋白MAP30…がん細胞が増えるのを抑える効果

ゴーヤに含まれる<蛋白MAP30>という成分は、ナチュラルキラーと呼ばれている細胞を活性させることでがん細胞を攻撃し、がん細胞が増えるのを抑える効果もあります。

食欲増進効果

血糖値を安定

血中のコレステロール値を下げる効果

ゴーヤの苦味を作っているククルビタシン、モモルデシチンという成分は、胃腸を刺激し、食欲増進効果があります。夏にゴーヤを食べることは理にかなっているといえます。
またチャランチン、モモデルシンには、血中のコレステロール値を下げる効果や血糖値を安定させてくれる効果があります。
ゴーヤの苦味には、健康に良いさまざまな成分が入っているのです。

ゴーヤを多く含む代表的な青汁

青汁ゴーヤ

ゴーヤを含む青汁にはさまざまなものがありますが、ゴーヤの苦味がちょっと、という人にはタブレットのものがお勧めです。サントリーの『青汁ゴーヤ』は大麦若葉とゴーヤを配合して飲みやすい抹茶味のサプリとして人気です。

トクホの青汁

また、大正製薬の『トクホの青汁』は特定保険用食品として消費者庁が許可している食品です。コレステロール値が気になる人にお勧めです。お得な定期お届けコースもあり、何度も注文する手間が省けます。

ゴーヤがスーパーなどに出回るのはだいたい夏だと思いますが、青汁やタブレットを上手に活用して、季節を問わずいつまでも健康でいたいものですね。

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?