カルシウム

緑黄色野菜などの野菜には最近の子供が不足している栄養素がたくさん入っています。
ですが実際には国民健康栄養調査では3~17歳まで全ての年齢で不足しているという結果が出ています。
子供に青汁を、と考える前に、コンビニ弁当やファーストフード、外食、はたまた居酒屋に子供連れで来て晩御飯は酒のつまみ、なんて人は普段の食生活を考え直す必要があります。
それでもカルシウムが足りていない、と感じるなら子供向けの苦くない青汁も出ていますので活用したいものです。

成長期の子供に欠かせないカルシウム

成長期にある子供は骨や歯を作るカルシウムが多く必要です。
特に12〜14歳の子供はもっとも多くカルシウムを必要とします。骨量は一生増やすことはできず、およそ中学生〜20歳くらいに多く摂るようにし、骨折などに備えたいですね。
もちろん、背の高さなどもカルシウムが関係していますので、成長期の子供がカルシウム不足にならないよう親が気をつけてあげましょう。

妊娠後期に大切なカルシウム

また、妊娠中の女性は妊娠初期よりも妊娠後期の方がカルシウムを必要とします。
青汁をうまく活用して元気な赤ちゃんを出産したいですよね。

産後にも重要なカルシウム

また産後に不足しがちな「鉄分・カルシウム・たんぱく質」のうち、鉄分とカルシウムを青汁で補う事ができます。

骨粗鬆症の予防

成長期に骨の成長を促す

カルシウムが不足すると骨粗鬆症や成長期の成長が妨げられる、骨や歯がもろくなる、神経過敏になるなどよくありません。
成長期の子供やお年寄りにはカルシウムを多く含む青汁で、不足分を補いましょう。
牛乳には食品のうちもっともカルシウムを多く含んでいますが、お腹がゆるくなったりする人もいます。そんな人にも青汁は頼りになります。

カルシウムを多く含む代表的な青汁

健康道場 粉末青汁

サンスターの『健康道場 粉末青汁』は原材料が国産野菜100%で、無添加だから安心ですね!カルシウムは1包につき97.3mgととても多く含まれています。育ち盛りのお子さんや、年齢を重ねて骨粗鬆症ぎみの人にもお勧めです。

はちみつ青汁

また、キューサイの『はちみつ青汁』ははちみつ以外の原材料は全て国産。カルシウム量も1包に91.0mgと豊富に含まれています。
ただ、葉酸は含まれていませんので妊娠中には他の青汁で補いましょう。はちみつが入っているので、1歳未満のお子さんには与えないようにしましょう。

自分に合った青汁を選んで、いつまでもはつらつと元気でいたいものですね。
特に成長期のお子さんや、ご高齢の方にはカルシウムを多く含む青汁を選びたいものです。

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?