いぐさ

いぐさというのは、畳の原料として日本で広く親しまれています。
ですが、実はこのいぐさは、畳としてだけではなく、薬草としての効果も認められ、古くから重宝されていたのです。

現代ではいぐさを薬草として用いることは少ないですが、青汁の原料として利用されることも増えています。

いぐさの大きな特徴は、とにかく飲みやすいという点です。
苦い、クセのあるものが多い青汁の中で、いぐさはクセが非常に少なく、苦みもほとんど感じずに、おいしくいただけると評判になっています。

いぐさは、実は驚くほど豊富な栄養を含んでいます。
野菜不足の解消には、見逃せない魅力のある植物の1つなのです。

  • たんぱく質・・・100gあたり18.9gとたっぷり含まれる
  • カリウム・・・利尿作用をもたらす
  • ビタミンC・・・美肌や免疫力アップに役立つ
  • ビタミンE・・・代謝アップに効果的
  • 鉄・・・貧血対策に役立つ
  • βカロテン・・・抗酸化作用を発揮
  • 食物繊維・・・ケールの1.5倍、レタスの40倍

いぐさにはビタミンやミネラルなど、魅力的な栄養素が豊富です。
ですが、何よりも注目したいのが食物繊維ですね。
とにかく食物繊維が豊富ないぐさは、体の中をお掃除するために大活躍してくれるということが大きな魅力となっています。

いぐさがもたらしてくれる効果として、まず注目したいのは便秘解消効果です。
あの青汁の元祖とも言えるケールよりも豊富な食物繊維を含むいぐさは、便の量を増やし、柔らかくして腸管をスムーズに通れるようにし、便秘改善に役立ってくれます。

栄養を摂取するというよりは、「不要なものを出す」という効果に優れているのがいぐさの特徴です。
ですが、そもそも不要なものを溜めっぱなしの体では、せっかく摂り入れた栄養素も吸収されにくくなってしまいます。
その意味でも、栄養を吸収しやすい体づくりができるいぐさは、大変魅力的なものであることが分かります。

また、いぐさには高い抗酸化作用があります。
なんと赤ワインの約30倍ものポリフェノールが含まれており、アンチエイジングや生活習慣病予防に効果が期待できます。
美肌づくりにも効果的なので、ぜひ積極的に摂取したいですね。

さらに、畳の原料としても使用されるいぐさは、強い抗菌作用を持っています。
雑菌やウイルスが外部から侵入するのを防ぎ、病気にかかりにくい強い体づくりに役立ってくれます。
特に食中毒が起こりやすい夏場の摂取はオススメです。

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?