ビタミンD

ビタミンDは油に溶ける性質を持つ脂溶性のビタミンです。
微量ですが日光を浴びることで、皮膚組織でも作られます。ですが魚介類、きのこ、玉子など食物から摂取したほうが効率的です。
また光、熱、酸に弱く、空気に触れると酸化しやすい性質があります。
またビタミンDは骨の形成にも深く関わっています。
ビタミンDを含む食品をふだんから食べていたり、日光に当たる機会のある場合は不足する心配はほとんどありません。
不足すると骨の形成異常であるクル病、骨粗鬆症などの原因になります。
反対に脂溶性のビタミンDは体に蓄積されやすいため、摂り過ぎにも注意が必要です。
過剰摂取は便秘、嘔吐などを引き起こします。
長期間にわたって摂り過ぎた場合は尿毒症など腎機能に異常が出る可能性があります。

ビタミンDはカルシウムと密接な関係にあります。カルシウムといえば主に骨の主成分として有名です。
骨の形成にはカルシウムが土台となりますが、カルシウムを骨にしっかりと固着させるためには、ビタミンDが不可欠です。
カルシウムの他にもリンが骨の形成に関わっていますが、リンの吸収もビタミンDが助けています。
ですからカルシウムだけ摂取していても、ビタミンDがなければ丈夫な骨が作られません。
そしてカルシウムの吸収を良くするのも、またビタミンDの働きによるものです。
ビタミンDはカルシウムが体内で、常に一定になるように調節もしています。

カルシウム、リンの吸収促進

カルシウムの働きを補助し、骨にカルシウムを固着させる

クル病・骨粗鬆症など骨が弱くなる病気の予防

ビタミンDはあまり身近に感じられない栄養素かもしれませんが、骨の形成には不可欠です。
骨は体の中心ともいえる組織です。
カルシウムは骨の形成以外にも筋肉をスムーズに動かしたり、美肌にも関係がある栄養素です。
どの年代にとっても健康な生活を送るにあたって、骨や筋肉が丈夫であることは重要です。
そのカルシウムの吸収を促すのがビタミンDですから、カルシウムと一緒に摂ることをおすすめします。
偏食気味の方や食事の量が少ない方、外出もなかなかできない方にはビタミンDは摂取しにくいビタミンかもしれません。
青汁は牛乳やヨーグルトと混ぜて飲むことも可能ですから、ビタミンDには都合が良いといえます。

ビタミンDを多く含む代表的な青汁

飲みごたえ野菜青汁

青汁さんぽ

母なるスムージー

おいしく彩るCa&ベジ

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?