酸化マグネシウム

酸化マグネシウムはもともと体に必要なミネラルのひとつであるマグネシウムが酸化してできたものです。
化学式ではMgOと書き表されます。
酸化マグネシウムは、マグネシウムと効能など体内での働き方が違います。
酸化マグネシウムは主に便秘薬の成分として使われることの多いミネラルです。
酸化マグネシウムの性質として、体の中に入ると腸内の水分を吸収するという特徴があります。
その性質を利用して便秘薬として使われています。
副作用も低いため、妊婦さんの便秘薬として処方されることも多くあります。
最近ではあまりありませんが、胃酸を中和する働きがあるため、胃潰瘍などの薬としても使われることがありました。
このように副作用が少なく使いやすい成分ですが心臓、肝臓が弱い方や、病気を持っている方は注意が必要です。
酸化マグネシウムが体外に排出される際に負担がかかります。
酸化マグネシウムの使用された便秘薬を飲む場合は、医師と相談した方が良いでしょう。、
またカルシウムと一緒に摂取すると、血中のカルシウムが高くなり倦怠感、めまい、血圧低下などの症状が起きます。
飲み合わせと自分の体調に充分注意しましょう。

便秘気味の腸は、水分が便まで行き渡らない状態になっています。
そのためいくら水分を補給しても、腸の便自体は留まったままになってしまい、腸の動きが停滞したままです。
ですが酸化マグネシウムによって吸収された水分は、腸の中で吸収されることがありません。
水分を含んだ酸化マグネシウムは腸内に水分を引き寄せます。
これは酸化マグネシウムの浸透圧効果のためです。
そのおかげで便が柔らかくなり、腸が刺激されて便意が起こります。
排便効果以外には、胃酸を中和する働きがあるので、副産物的に胃酸から胃を守ってくれます。
他にも尿路結石の原因になる、シュウ酸と結合して腸から吸収されるのを防ぎます。

酸化マグネシウムは副作用が少ないため、比較的安心な成分といえます。
具体的には以下のような効果があります。

便を柔らかくし、便秘を解消する

胃酸の中和

尿路結石の予防

便秘がちの方には、知らない間にお世話になっている成分かもしれません。
飲み合わせや、体調に注意が必要な成分ですが酸化マグネシウムが含まれる青汁を上手に利用することによって便秘解消に役立ちます。

酸化マグネシウムを多く含む代表的な青汁

えがおの青汁満菜

青汁のむのむ(しょうが味・みかん味)

母なるスムージー

本気の青汁

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?