モロヘイヤ

もともとエジプトやインドで栽培されていた、アラビア語で「王様の野菜」の意味を持つ野菜です。
栄養価の高さが有名になり、日本でもポピュラーになりました。
「王様の野菜」という意味のとおり、数種類のビタミン、ミネラル、脂質、食物繊維など、栄養素が豊富に含まれています。
そのため青汁の原料としても採用されています。
味はクセが少ないものの、特有のネバネバがあります。これはムチンと呼ばれる成分がモロヘイヤに含まれているためです。
エジプトでは牛肉など、肉類と一緒に煮込んで食べられることが多いです。
日本では天ぷら、スープ、お浸しなどの食べ方が一般的です。
ですが調理段階で栄養素が減少してしまうため、生で食べるか調理方法に工夫が必要です。

モロヘイヤにはたくさんのビタミンやミネラルが含まれている栄養価の高い野菜です。

β-カロテン・・・体内でビタミンAとなり、活性酸素の発生を抑制、粘膜を守る

ビタミンB2・・・脂質の代謝を良くし、動脈硬化の予防

葉酸・・・ビタミンBのひとつ、血液生成の補助、細胞の成長に作用

ビタミンC・・・コラーゲン生成を補助、抗酸化作用、免疫機能を保つ

ビタミンE・・・抗酸化力で活性酸素から細胞を守る

パントテン酸・・・皮膚や粘膜をつくるのを補助

ケルセチン・・・抗酸化作用、抗炎症作用などがある

不溶性食物繊維・・・腸内環境を良くし、便秘を予防

ムチン・・・血糖値を下げる

カリウム・・・塩分調節機能、高血圧予防

カルシウム・・・骨を形成する主要な成分

鉄分・・・ヘモグロビンの主成分、貧血予防

銅・・・血液生成の補助的役割として不可欠

マンガン・・・酵素を活性化、脂質や糖の代謝を促す

モロヘイヤの持つ代表的な栄養素をあげましたが、このほかにも何種類もの栄養素が含まれています。
ビタミンやミネラルは相互に関連し合いながら、体の健康を維持しています。
そのため微量でも数種類のビタミンを一緒に摂取すると効果的です。
モロヘイヤはそうした理由からも、とても優れた野菜です。

モロヘイヤには様々な栄養素が含まれているため、毎日の健康維持に役立ってくれそうです。

アンチエイジング

美容効果

貧血予防

骨を丈夫にする

ダイエットをサポート

便秘予防

免疫機能の向上

サプリメントにも匹敵するほど、マルチに栄養を含んでいるモロヘイヤ。
日常的にモロヘイヤを食べることで、体の機能の底上げが期待できます。
ビタミンCやビタミンEなど抗酸化力の栄養素は美容にも、健康維持にも役立ちます。また食物繊維も含まれているので、便秘解消も期待できます。鉄分と葉酸の効果で貧血対策も出来るので、女性にはおすすめです。
夏など汗をかく時期は、ビタミンやミネラルを消費しやすいので、栄養豊富なモロヘイヤで失ったビタミンやミネラルを気軽に補えます。
モロヘヤはクセがなくネバネバしているので、夏場に食欲のない時でも食べやすい野菜です。
ですがネバネバが苦手な方もいるでしょう。
そのような方にはモロヘイヤが配合された青汁がおすすめです。
栄養もしっかり摂れますし、ネバネバもないのでモロヘイヤをネバネバのついた洗い物もないのでらくちんですね。

モロヘイヤを多く含む代表的な青汁

モロ青汁 生

有機JASモロヘイヤ青汁

ドクターシーラボ青汁

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?