ビオチン

ビオチンはビタミンBのひとつで水溶性の性質のビタミンです。
そのため体に蓄積される前に、尿と一緒に排出されてしまいます。ですから副作用の心配もそれほどありません。
皮膚の形成やアミノ酸の代謝を補助する役割があります。ビオチンはマガレイやカツオ節、レバー、ナッツ類、納豆などに多く含まれています。ビオチンは腸内で作ることができるため、極端な偏食でなければ不足することはありません。
ですが生の卵白を食べる機会が多い方は、ビオチンの吸収を阻害します。卵白は加熱することで阻害することは少なくなります。
また喫煙、アルコール摂取量が多い方、便秘気味の方はビオチンの消費量が多く、不足しやすくなります。
他にも抗生物質などを長期的に飲んでいると不足することがあります。
ビオチンが不足すると髪が抜ける、白髪が増える、湿疹が出る、筋肉痛、食欲がなくなるなどの症状が出ます。

コラーゲンの生成。働きを補助する・・・コラーゲンの生成・働きを助け肌や骨の健康を維持します。

血管を太くする・・・細い毛細血管を太くし、血流を良くします。

酵素の生成を補助・・・エネルギー代謝に関わる酵素の生成を補助します。

糖の代謝を助ける・・・エネルギーとして使われたあとのブドウ糖を再びエネルギーとして使えるようにします。

ヒスタミンの働きを抑制・・・皮膚のかゆみや炎症の原因になるヒスタミンの働きを抑ええます。

皮膚のターンオーバーを促進・・・皮膚組織を活性化して、肌の健康を保ちます。

ビオチンはコラーゲンと一緒に働くことによって、肌のターンオーバーを促したりしています。
髪の毛が作られる際にもビオチンは欠かせません。またエネルギーを効率よく使うためにもビオチンの働きが必要です。
ビオチンは健康のためにはとても重要なビタミンです。
不足することはあまりありませんが、他のビタミンと同じように喫煙や飲酒で失われます。
食事から摂取できますが、不規則な食生活や食事の量が少ない方は、不足しないように注意しましょう。

体の様々な健康維持にビオチンは欠かせません。

抜け毛・白髪予防

血流の改善

ダイエットを助ける

皮膚の炎症を抑える

肌のターンオーバーを支える

いつまでも若々しくいるためにはビオチンは必須のビタミンです。
髪の健康にはたんぱく質などの栄養も必要ですが、取り入れた栄養をきちんと働かせるためのサポートが必要です。
髪の毛に栄養を届けるための血管を太くしてくれるビオチンは育毛には必須です。
ビタミンやミネラルなどの栄養素は、相互関係にありますから単体ではなくスムーズに働いてもらうサポーターの存在が必ずいます。
ビオチンは美容の主役ともいえるコラーゲン生成を補助し、コラーゲンの働きを支えます。
ビオチンは健康と美容の縁の下の力持ちです。
また健康な肌にはビオチンの働きが不可欠です。糖を無駄なくエネルギーにしてくれる役目もあります。
現代の生活ではビオチンが不足するということは珍しくないかもしれません。
他の栄養素とともに摂取するのが望ましいので、ビオチンが青汁に配合されていると高い効果が期待できます。

ビオチンを多く含む代表的な青汁

キューサイ ケール青汁(粉末タイプ)善玉菌プラス

ミネラル酵素ウィートスムージー メロン味

ユーワ 緑寶青汁

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?