スピルリナ

スピルリナは中南米やアフリカの原産の高温、強アルカリ、塩湖に自生する藻です。
とても厳しい環境でも育つことのできる生命力の強い藻です。現在世界には薬35種類のスピルリナが発見されています。
藻ではありますが、たんぱく質が豊富です。
たんぱく質以外にも様々なビタミンやミネラルが含まれています。
スピルリナは顕微鏡で見るとねじれてバネのようになっています。これがスパイラルの意味に当たる、ラテン語のSpiraからスピルリナと名付けられました。
スピルリナを摂取する際に注意したい人もいます。
藻なので味や風味が独特です。それでも興味のある方は飲み方を工夫しましょう。
また海産物アレルギー、甲状腺機能に異常がある人、尿酸値が高い人は飲まないほうが良いでしょう。
心配な方は医師に相談してからにしましょう。
栄養価が高い食品は、時に体の弱いところを直撃してしまうことも大いにあります。

スピルリナはたんぱく質を筆頭にビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。

たんぱく質・・・筋肉や内臓などをつくるときの主原料。美容に欠かせないコラーゲンもたんぱく質のひとつ

クロロフィル・・・葉緑素とも呼ばれrます。ヘモグロビンの構造と似ているため、鉄分と結びき血液生成の補助

β-カロテン・・・β-カロテン・・・体内でビタミンAとなり、活性酸素の発生を抑制、粘膜を守る

鉄分・・・赤血球の主原料となります。クロロフィルと結びつきヘモグロビンの色素のもとになる

ビタミンE・・・抗酸化力で活性酸素から細胞を守る

ビタミンB群・・・糖・たんぱく質の代謝を補助、血液・皮膚・粘膜・筋肉生成を補助、神経の健康を維持

ビタミンK・・・血液凝固作用を活発化、骨の形成を促成

フィコシアニン・・・抗酸化作用、免疫機能に作用、有害な物質を排出する

スピルリナにはこのようにたくさんの栄養素が含まれています。
日常的に取り入れたい栄養素が豊富なため、食生活が乱れがちな方や、不規則な方にはおすすめです。
また体に有害なものを外に排出してくれるフィコシアニンが含まれているため、環境的に厳しい現代では心強い食品といえます。

スピルリナは栄養価が高く、多くの健康や美容効果が期待されます。

美肌をつくる

筋肉や内臓の調子をよくする

貧血防止

老化を防ぐ

デトックス作用

骨を丈夫にする

スピルリナの栄養価の高さは素晴らしいものがあります。
無駄なくいかすためには、飲み方やタイミングにも気を付けましょう。
カフェインやアルコールと一緒に摂取すると栄養素が壊れたり、吸収されにくくなります。
飲むときは水で飲みましょう。
これだけの健康や美容成分はしっかり体に取り込まないと損です。
またアルコールとの相性は良くありませんが、飲酒後薬30分後にスピルリナを摂るとアルコールの代謝を助けてくれるため、二日酔いの予防や緩和が期待できます。
スピルリナや他の野菜と組み合わされた青汁は、より栄養価が高くなります。
食生活の乱れが気になる方や、ダイエット目的の方にも不足しがちな栄養素補給におすすめです。

スピルリナを多く含む代表的な青汁

おいしい青汁スピルリナ

藻のすごい青汁

スピメイト青汁

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?