黒糖

黒砂糖ともいいます。一般的なサトウキビからつくられる白砂糖と同じく原料はサトウキビです。
白砂糖は不純物を取り除き、糖としての純度を上げて精白したものです。
黒糖は白砂糖では精白されず、不純物として取り除かれているものが残っている砂糖です。
その不純物や精白されていない状態が黒糖の風味や栄養価の特徴になっています。
黒糖にはミネラルが含まれており、カロリーも白砂糖よりも低くなります。
またGI値が低いため、血糖値の上昇も白砂糖より緩やかです。

黒糖は甘味料のなかでもミネラルが多い食品です。

カロリー・・・354kcal(100gあたり)

カリウム・・・塩分濃度の調節として働く

カルシウム・・・骨を形成する主要な成分

マグネシウム・・・骨の形成に関係する成分

鉄分・・・血液をつくるには不可欠な成分

ビタミンB群・・・脂質・糖・たんぱく質の代謝を助ける、粘膜・皮膚の健康維持にも作用

オフタコサノール・・・疲労回復、コレステロールの抑制作用

フェニルグルコシド・・・血糖値を緩やかにし、糖の吸収を抑制

ラフィノース・・腸内環境を整える

同じ砂糖でも、白砂糖と比較すると栄養が豊富だということが分かります。
微量だとしてもミネラルが摂取できるのはうれしいですね。
またオフタコサノールはコレステロールの抑制作用があるので、気になっている方にはおすすめです。
フェニルグルコシドは糖の吸収を抑制し、ラフィノースは整腸作用があります。
ダイエットをしている方などには、嬉しい成分です。
気になるカロリーは白砂糖が384kcal(100gあたり)と比較しても、黒糖の方が低めです。
独特の風味がありますが、いつも白砂糖でコーヒーを飲まれている方は、黒糖に変えてみるのも良いかもしれません。

黒糖に含まれる栄養素や性質は、白砂糖に比べてとても健康的といえます。
もちろん黒糖も砂糖なので、食べ過ぎは禁物です。

ダイエットをサポート

コレステロールを下げる

骨を強くする

美容効果

整腸作用

貧血予防

黒糖を普段の料理に使用するにするには難しいところもありますが、お菓子やヨーグルトなど今まで、白砂糖を使っていた場面で黒糖に代用できるものがあれば、黒糖に切り替えてみましょう。
微量でも栄養価が高いものを摂取するほうが健康的です。
青汁も今まで白砂糖を入れて味をを調節していた方には、黒糖を使用してみてもいいかもしれません。
黒糖と青汁の独特の風味であまり美味しくないとイメージされる方もいるかもしれませんが、意外と気にならず美味しく飲めます。

黒糖を多く含む代表的な青汁

ホコニコのこだわり酵素青汁

青汁 琉球加工黒糖入り

すっきりフルーツ青汁

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?