煎茶

煎茶とは日本茶の中の緑茶のうちの一つであり、さらに緑茶の中に煎茶と、玉露、かぶせ茶、ほうじ茶、等に分類されます。これらのお茶の違いは新芽が出てから遮光する時期によって違いが出てきます。
煎茶は新芽が出てからずっと日光を浴びさせ育てるのに対して玉露やかぶせ茶はある時期になると日光を遮ります。

煎茶とはせまい意味での煎茶は太陽を浴びて栽培し、新芽を使って繊細に加工したお茶です。
広い意味での煎茶は茶葉を湯に浸して成分を抽出した物で煎じ茶の事を言います。
煎茶は日の光を多く浴びて育てているので蒸したり揉んだりした後、乾燥させ余分な物を取り除いて作られています。

日の光を浴びた煎茶は遮光していない他の茶葉に比べると光合成をおこなう事によりカテキンが生成され程よい渋みを持った緑茶ができます。
カテキン豊富な煎茶は体に良いお茶と言い換える事もでき、スーパーなどに売られている緑茶のほどんどが煎茶が一般的です。

無機質(ミネラル)

ビタミン

カフェイン

カテキン

煎茶の主な成分はタンニン・カフェイン・ビタミン類ですが煎茶に特徴的な成分はビタミン類、ビタミンCが非常が豊富に含まれている事です。
煎茶に含まれるビタミンCは、お茶碗4~5杯で1日で必要とされている摂取量の約半分を補える程多く含まれています。
ビタミンCは熱に破壊されやすいですがお茶の場合は、しっかりとお湯の中に溶けます。
カフェインは100gあたり20gですが大量に飲むと頭痛がする為多量摂取は禁物です。

煎茶には美容や生活習慣病予防等非常に多くの効果があり下記のようなものが代表的です。

がん予防効果

煎茶を1日10杯以上飲む事でガン発生率は約4割~5割以上抑えられたという報告もあります。

コレステロールを下げる効果

コレステロールの低下や血圧の上昇を抑える働きがあるので生活習慣病対策にもなります。

中性脂肪の減少や体の脂肪燃焼効果

ダイエット効果が認められる為、OLや中年男性等の肥満防止にも効果的です。

美容効果

シミ・しわなどの予防があり老化を防止する効果があります。

この他にも虫歯予防、消臭効果、口臭予防、むくみ改善効果、食中毒改善効果、リラックス効果等が認められます。
また、カテキンには免疫力がアップする為、抗インフルエンザ作用やボケ防止効果、記憶力や学習能力の向上等があります。

煎茶を多く含む代表的な青汁

極みの青汁(サントリー)

ふるさと青汁(マイケア)

緑効青汁(アサヒ緑健)

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?