オリゴ糖

オリゴ糖とはいくつかの単糖がつながった糖類の総称の事をさします。
甘味料ですが、善玉菌のエサになる為、その増殖を促し腸内細菌改善へと導きます。
腸内の中で善玉菌が優勢になり便秘解消にも役立ちます。
また、虫歯を抑えるなどの機能が注目され、健康食品として多く実用化されています。
これに対し、オリゴ糖と同じく糖分の代表格である砂糖は、消化吸収されやすく血糖値上昇・体脂肪増加につながり、大腸まで届けば悪玉菌が好んで食べ、悪玉菌の増殖を助長します。また砂糖にはオリゴ糖にはないミュータンス菌があり酸を生成し虫歯になりやすいのも特徴です。
オリゴ糖には、粉末状・液体状・サプリタイプがあり、純度の高いもの(他の混ざりものがないもの)ほど効果も高くなります。
味はやや優しい甘味で、ビフィズス菌と一緒に摂取することでより悪玉菌を撃退することができます。

オリゴ糖は腸内細菌と結合する事によりビタミンK・B1・B2・B6・B12・ビオチン・葉酸などが合成されます。

オリゴ糖は食事やサプリメントから摂取できます。
オリゴ糖を含む食材(にんにく・ごぼう・はちみつ・味噌・醤油・大豆)
主に下記のような効果がありますが過剰摂取するとお腹が緩くなる事があります。
また、持病をお持ちの方は事前に医師などにアドバイスをもらい適切に摂取する事をお勧めします。

腸内環境を整え便通を良くする

腸内でビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌のエサとなり、それらの増殖を促進することで腸内環境を整え便通を良くする働きがあります。

美肌効果

腸内の環境が悪くなると老廃物が溜まり、悪玉菌が増殖し毒素を出します。この毒素こそが肌荒れの原因と考えられています。

動脈硬化を予防する効果

オリゴ糖を摂取すると善玉菌が増え、血中の善玉コレステロールが増え、余分なコレステロールや胆汁酸が体内に吸収されるのを防ぎます。そうすることで中性脂肪が減り動脈硬化の予防にも効果があるといわれています。

ミネラルの吸収を促進する効果

体に吸収しにくいミネラルですがマグネシウム、カルシウムなどのミネラルをオリゴ糖を併用して飲む事で体内へ吸収しやすくする事ができます。

血糖値を抑える効果

血糖値上昇の原因になる糖の摂取は、オリゴ糖を摂取しても、それほど血糖値は上がりません。糖尿病予防にはもちろん糖尿病患者等は甘味料を取る際砂糖の代わりにオリゴ糖を摂取する事がよいとされています。

ダイエット効果

オリゴ糖は消化吸収しにくい糖なので砂糖等の代わりに使用されることがあり、ダイエットをしている方などは砂糖のかわりに摂取するとよいと言われています。

オリゴ糖を多く含む代表的な青汁

ふるさと青汁(株式会社マイケア)

寒天ジュレ(株式会社コーワ)

生青汁(株式会社MHM)

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?