バナナ

バナナはダイエット食としても有名で、バナナ1本あたりご飯1杯半くらいのカロリーと低カロリーです。
しかも多くの栄養が含まれている為、美容などにも効果があり昔から重宝されています。日本に輸入されているものは約8割がフィリピンもの(品名ジャイアント・キャベンディッシュ)で、そのほかには台湾、エクアドルから輸入されています。
また、バナナの中にも標高500m以上の高地で栽培されたバナナがあり従来のバナナより甘味があります。その為スーパー等では少し高めの値付けがされています。
青汁の中にバナナ等の果物を入れる事により野菜嫌いな子供でもジュースのように飲むことができます。

一般的にバナナは高カロリーという印象がありますが、1本あたり約86キロカロリーと、ご飯やパン等と比べてもカロリーはそれ程多くありません。
しかも、日常生活で不足しがちな栄養がバランスよく含まれているため、健康な生活を送るのに欠かせない果物です。
栄養素としては下記のような成分が含まれています。

ビタミンB2、ビタミンB6、ポリフェノール等があり健康な肌や髪を作り、肌の新陳代謝をあげる効果があります。また、肌荒れの予防や肌の潤い弾力、酸化防止等の効果があり美容に欠かす事が出来ないビタミンBが豊富に含まれています。

カリウム:利尿作用でむくみ解消効果

食物繊維:コレステロール抑制、便秘予防

マグネシウム:歯、骨の形成を助け、カルシウムの吸収促進

ナイアシン:腸の健康を保ち便秘を防部糖質や脂質の代謝を助ける

葉酸:貧血防止で血色を良くする

美肌効果

カロテンがビタミンAに変わり粘膜や皮膚を健やかにし、またビタミンB1、B2が肌を健康に保つ効果があります。

ストレス軽減

バナナに含まれるトリプトファンが体内でセロトニンというホルモンにかわる事でリラックス作用があります。

脂肪の蓄積を減らす

カリウムやペクチンが含まれており脂肪の蓄積を抑えます。これは血糖値が上昇する事に起因します。

便通改善

食物繊維も豊富に含まれている為お通じもよくなります。その相乗効果としてお肌もきれいになります。

発毛効果

髪の主成分であるタンパク質ケラチンのほとんどを有している為、発毛効果が認められていると言われています。
また、髪の毛にいいビタミン、ミネラルも豊富です。髪の毛、頭皮・血管を強くし、毛が抜けにくい環境を整える効果が認められています。

バナナを多く含む代表的な青汁

こどもバナナ青汁(株式会社 エメトレ)

日本の青汁 バナナチアシード(ファイン)

朝のフルーツ青汁(ヤクルト)

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?