豆乳

大豆を水に浸し、すり潰し、さらに水を加え煮詰めたものです。
また豆乳は、牛乳と似ていますが、牛乳よりもカロリーが低く、鉄分が多く含まれています。牛乳アレルギーの方も摂取することができます。
豆乳は毎日継続してからこそ、効果を十分に発揮することができます。
主に美肌効果、体内改善、ダイエット等の健康サポートに効果的です。
種類は、無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料の3種類に分けられます。無調整豆乳は一番大豆の含有量が多く、栄養も高いが、少し大豆独特のクセがあるため、継続して続けるならばまずは、調整豆乳(砂糖を加え味を調整したもの)・豆乳飲料(調整豆乳に果物等を加えさらに飲みやすくしたもの)がおすすめです。

大豆たんぱく

肥満予防・動脈硬化防止

イソフラボン

肌老化・がん予防・骨粗しょう症予防

サポニン

肥満体質の改善及び予防・動脈硬化と老化の防止
保湿効果

レシチン

脳の老化予防・コレステロール低下で生活習慣予防

オリゴ糖

腸内環境を整え便通をよくする

フィチン酸

糖類の一種で発がんを抑制する

ビタミンB群

肌の新陳代謝を促す、イライラ予防

ビタミンE

血行を促す、美肌・肩こりに効果

カリウム

血圧安定の働きと細胞の活性化

マグネシウム

ホルモン分泌の調整

豆乳に含まれる大豆は栄養価が高いことで有名です。女性ホルモンのエストロゲンに似たような働きをするため、さまざまな女性の悩み解決をサポートしてくれます。

1.美肌改善

豆乳に含まれるイソフラボンは抗酸化作用があり、老化の原因ともいわれる活性酸素をおさえる役割があります。

2.便秘改善

豆乳には食物繊維が多く含まれており女性に多い便秘解消に効果的です。さらに大豆イソフラボン、オリゴ糖、マグネシウム等便秘解消に役立つ成分が多く医師も勧める程の効果を発揮するといわれています。

3.更年期障害の予防

豆乳に含まれるイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似たような働きをするため、加齢によるエストロゲンの減少によって引き起こされる更年期障害も少し和らげる効果があります。

4.女性の生理痛の緩和効果

生理痛が引き起こされる原因が女性ホルモンのエストロゲンの減少による事は知られていますが、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが、生理痛を和らげる効果があります。

5.女性のホルモン増加効果

女性ホルモンのエストロゲンには女性ホルモンを促進させる効果がある為、肌のハリや潤い、髪等を若々しく保つ効果があります。

6.ダイエット効果

豆乳にはサポニン(脂肪が体内に吸収することを防ぐ成分)が含まれています。
また、食物繊維がたっぷり配合されているため満腹感を与えてくれます。

豆乳を多く含む代表的な青汁

DHC青汁+豆乳(DHC)

豆乳青汁(遠藤青汁高知センター)

毎日1杯の青汁(伊藤園)

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?