ヒアルロン酸

N-アセチルグルコサミンとグルクロン酸が結合した糖類をヒアルロン酸と言い、皮膚・筋肉・軟骨などを構成しています。

眼球の内部を満たす硝子体より発見されました。硝子体は、非常に水分に富む物質であり、その硝子体から発見されたヒアルロン酸はとても保湿性に優れています。

その保湿性に優れたヒアルロン酸の特徴を生かして、皮膚に潤いを与える化粧水やクリームなどに活用されています。

皮膚の表面は0.7mmの表皮、次に2.7mmの真皮、その下が皮下組織となっています。真皮はコラーゲン、エラスチンといったたんぱく線維で弾力性を保たれており、ヒアルロン酸は保湿性を保つ役割をしています。

美肌づくりでは、ヒアルロン酸の他にもコラーゲンが知られていますが、コラーゲンはたんぱく質でできており、ヒアルロン酸は糖でできているという違いがあります。美肌を保つためには、この2つの成分をバランスよく保つことが必要になります。

ヒアルロン酸が含まれている食品は、すっぽん・ふかひれ・魚の目・豚足などといったように普段の食事で毎日食べることが難しい食品が多いので、サプリメントなどで摂取することが望ましいと考えられています。

ムコ多糖類・・・細胞や組織の表面をなめらかにおおって保護する

眼は、唯一外気にさらされている臓器のため、最も水分を必要とする部位です。しかし、いろいろな原因でその水分が減少するとドライアイという状態になります。そのドライアイの治療にヒアルロン酸を眼薬として活用することができます。ヒアルロン酸を点眼することで、涙を角膜につなぎとめ、眼を潤わせることができます。

ヒアルロン酸は加齢により減少し、40歳では、赤ちゃんの半分以下にまで減少してしまいます。

肌では弾力・ハリ・潤いが失われていきますが、ヒアルロン酸を補うことで、みずみずしい肌を保つことができ、アンチエイジング効果が期待されています。

また、関節と関節の間のクッションである軟骨にヒアルロン酸が含まれているので、年齢とともに減少することで、関節に痛みを感じることがあります。ヒアルロン酸を補うことで、関節のスムーズな動きを助け、痛みを和らげる働きをします。

ドライアイの予防・改善

眼の老化予防

美肌効果

関節の動きをなめらかにする

関節の炎症をおさえる

軟骨のすり減りをおさえる

ヒアルロン酸を多く含む代表的な青汁

美感青汁

青汁畑

飲みごたえ野菜青汁

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?