日本山人参

日本山人参(ヒュウガトウキ)はせり科の多年生植物に分類され江戸時代には、「神の草」と呼ばれ生薬として珍重されていたものです。優れた薬用植物として、注目が集まり栄養を補う画期的な健康食品です。

食生活が不規則な方、身体の調子がなんとなく良くないと感じている方、疲れを感じやすくなった方、風邪を引きやすい体質の方、便秘など腸の働きがよくない方、健康維持に気を付けている方におすすめです。

クマリン系化合物、ナトリウム、リン、鉄分、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどの18種類のアミノ酸や5種類のビタミンが含まれています。

8種類のミネラル

日本山人参には約48種類もの有効成分が含まれています。

動脈硬化を防ぎ、血圧を下げる効果

日本山人参はノルアドレナリンの作用を抑え、細動脈の収縮を抑える働きを持つ物質があり、心筋梗塞や脳出血、脳梗塞などの予防に効果があります。

糖尿病の改善

インスリン活性を高め、インスリンの働きをよくすることが確かめられています。血糖コントロールが速やかに、かつ完全にうまくいくことが多いと報告されています。

肝臓病の改善効果

アルコールや油分の過剰摂取による「過酸化脂質」の代謝を促進して蓄積を防ぎ、「肝炎」を予防する効果があります。

アトピー・アレルギー性皮膚炎の軽減効果

アレルギー反応の原因物質であるロイコトリエンが活性化するのを押さえる効果が期待できます。

ストレス改善

血液循環の改善、ノルアドレナリン抑制作用があるため、肩こり・頭痛の予防や冷え性、肌荒れの改善効果があります。

ガン予防

ガンより分泌される毒素トキソホルモンの活性化を抑える成分が含まれています。

老化防止

抗酸化作用が高い為、細胞レベルからの老化防止が期待できます。

日本山人参は古くから「神の草」と呼ばれており、希少な植物です。健康を取り扱う雑誌で最近取り上げられる事が多くなっていて、特集記事も組まれる事があるくらい注目されています。

「日本山人参」と漢字では同じ表記ですが、ヒュウガトウキとイヌトウキの2種類があります。ここで説明しているのは、ヒュウガトウキです。両方ともセリ科の植物ですが、葉の形状や色、成分、生息している地域にも違いがあります。

さらに、根の形がにていることから高麗人参と間違われやすいのですが、高麗人参とは全く違う種類ですので成分を確認する際には間違えないようにしましょう。

日本山人参を多く含む代表的な青汁

つきみ農園 阿蘇のにほん山人参 青汁

命源青汁

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?