デキストリン

デキストリンというのは、とうもろこし、じゃがいもなどに含まれるでんぷんを、熱や酵素、酸などの作用によって加水分解したもののことを言います。
分解されているため、でんぷんよりも分子が小さくなっています。

淡黄色や白色をしており、やや甘味があるのが特徴です。
また、水に溶かすと粘性を発揮し、糊剤として用いられたり、乳化剤などに使用されたりします。
水に溶けやすくするという特徴もあるため、粉末状の青汁にはよく含まれています。

また、デキストリンの中には難消化性デキストリンと言われるものもあります。
これは、その名の通り「消化しにくい」という特徴を持っている食物繊維のことを指しています。

デキストリンの栄養は、非常にシンプルです。

  • 糖質・・・デキストリンに豊富に含まれる
  • 食物繊維・・・便秘解消に役立つ

青汁によく含まれている「難消化性デキストリン」に関しては、糖質はなく、食物繊維のみで構成されています。
もちろん消化されにくいとは言っても、全く消化されないわけではなく、時間をかけてゆっくりと消化されていきます。

食物繊維のみですので、特に体に悪影響を与える心配も少なく、安心して摂取できるのが難消化性デキストリンです。
ただし、デキストリンの場合は糖質も含んでいますので、過剰摂取にならないように注意が必要です。

デキストリンは、青汁をサブで構成している原料ですが、実はこれにも嬉しい効果が期待できます。

こちらは食物繊維ですので、食物繊維が持つ効果・効能がそのまま、デキストリンの効果・効能になるわけですね。
特に大きいのは、整腸作用です。

食物繊維が腸内をお掃除してくれるので、腸内がキレイになり、善玉菌が増えて環境が整います。
また、不要なものを排出しておくことで、摂取した栄養素が吸収されやすい状態になる、というメリットもあります。

さらにデキストリンには、食後の血糖値の上昇を緩やかにする働きもあります。
中性脂肪の上昇も緩和してくれますし、内臓脂肪や中性脂肪、コレステロールなどを低減する効果も期待できます。

つまりデキストリンは、生活習慣病予防にも嬉しい効果が期待できる成分であるということですね。

また、デキストリンを摂取すると、鉄分やマグネシウム、カルシウム、亜鉛などのミネラルの吸収率がアップすることも分かっています。
青汁と共に摂取することで、青汁の原料に含まれるミネラルが効率よく活かされるというわけです。

ただし、中にはデキストリンを配合しない青汁というものもあります。
青菜100%の青汁にも、本来の食物繊維は含まれますので、「絶対に配合しなければならない成分」というわけではないという考え方もあります。

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?