よもぎ

よもぎと言えば、日本の各地に自生している植物ですね。
キク科ヨモギ属の多年草であり、昔から食用としても広く親しまれてきました。
代表的なものとしては、よもぎを練り込んで作られるよもぎ餅などが挙げられます。

特有の香りがあり、日本のハーブといった印象のよもぎ。
栄養が豊富で、様々な健康効果が期待できるということで、生薬としても用いられてきました。

ただ、近年では普段の食事に用いられることは減ってしまっています。
その魅力的な栄養を、気軽に取り入れられる方法として、よもぎを配合してある青汁も注目を集めていますね。

よもぎは様々な栄養素を豊富に含み、総合的に美と健康のために役立ってくれます。

  • ビタミンC・・・美肌や免疫力の向上に効果的
  • ビタミンB1・B2・・・代謝アップ、疲れ対策に
  • ビタミンK・・・止血剤としても使用されていたほど豊富
  • β-カロテン・・・抗発癌作用、免疫力アップ、美髪などに役立つ
  • カリウム・・・利尿作用をもたらす
  • カルシウム・・・骨を強くしたりイライラ緩和に役立つ
  • マグネシウム・・・代謝アップや血糖値のコントロール
  • 鉄・・・貧血対策
  • クロロフィル・・・ヘモグロビンの生成をサポート
  • 食物繊維・・・不溶性食物繊維がほうれん草の約3倍

ビタミンやミネラルが豊富なだけでなく、特に食物繊維、クロロフィルなどもたっぷり含まれているという点が、よもぎの大きな魅力となっていますね。

よもぎは豊富なビタミンやミネラルにより、野菜不足を補うのに役立ってくれます。

特に鉄分が豊富で、さらに造血作用をもたらすクロロフィルも含まれているため、貧血などの症状に悩まされる方には効果的です。 例えば妊娠期や授乳期の方は鉄分不足に陥りやすいので、そういった時期に、自然な方法で貧血対策したいという場合にも役立ちますね。

さらによもぎは、カリウムを豊富に含み、利尿作用、血圧調整の効果なども期待できます。
体がむくみやすいという方や、高血圧に悩まされる方にも嬉しい野草ですね。

また、よもぎはウコンと同様、肝臓に働きかけてくれることも分かっています。
ヨモギは冬場に溜めこんだ毒素を解毒してくれる春の野草の代表格です。
解毒のために酷使される肝臓のケアにもピッタリ、というわけですね。

他にも、よもぎは豊富な食物繊維も含んでいるため、頑固な便秘に悩まされる方にも効果的です。
ただし、不溶性食物繊維が多いため、過剰に摂取すると便秘が悪化する恐れもあります。
適量を摂取しながら、腸内環境を整えましょう。

解毒作用や便秘解消効果の高いよもぎは、デトックスに効果的です。
体を内側からスッキリさせたいという方にはピッタリですね。

青汁の効果について

青汁がもたらしてくれる効果とは具体的にどんなものがあるのでしょう?

青汁でダイエットできるの?

青汁はダイエットにも嬉しい成分が!

青汁が便秘に
効く理由

便秘のお悩みは自然の恵みたっぷりの青汁がいい!?

非加熱の青汁は酵素が生きている

非加熱の青汁は酵素の恵みがいっぱい!

青汁の形状の
違い

結局どんなタイプの青汁がオススメ?